So-net無料ブログ作成
紹介玩具のまとめページを作ってみました。
■聖闘士聖衣神話 ■超合金玩具 ■ガンダム ■仮面ライダー ■ウルトラマン ■その他ロボ ■その他フィギュア

超合金魂:GX-83 闘将ダイモス F.A. [超合金玩具]

IMG_315374163.jpg
超合金魂の『闘将ダイモス F.A. 』です。

格闘技を主体に闘うロボットなのでフルアクションに最も適したタイトルではないでしょうか。
以前発売されたGX-43版はトレーラーからの変形に本体ギミックの比重を置いていたので
人型での格闘アクションは犠牲になっていましたし、同じ超合金魂シリーズでもギミックの
住み分けができていると思います。

超合金魂:GX-43 闘将ダイモス (その1)
超合金魂:GX-43 闘将ダイモス (その2)




IMG_315374129.jpg
IMG_315374130.jpg
本体。フルアクション仕様なので、可動に関しては以前発売されたボルテス・ダイターンと構造がほぼ共通。
プロポーションも同様にバリっぽく。ダイモスに至っては肉付けしたようなブロック構成で、
腕部やソール部分など、本来のブロック構成から大幅に変更されており、
可動に関しては優秀だけど、プロポーションは人によっては好みの分かれるかもしれないです。

IMG_315374131.jpg
IMG_315374132.jpg
IMG_315374134.jpg
上半身も本来デザインの曲面主体のラインから、やや角ばったメリハリの強い面構成に。

IMG_315374133.jpg
IMG_315374135.jpg
塗装はほぼ全身に施され、ムラもなく綺麗。合金パーツは今回も多め。

IMG_315374137.jpg
IMG_315374138.jpg
可動の構成は これまで発売されたF.A.とほぼ同じ構造。
肩の接続軸は引き出し関節&ボール軸可動。肩パーツは外の赤いブロックと首元のブロックとで
可動域があるので柔軟に可動。頭部を繋ぐ首周りはやや窮屈。
ヒジ部分は前腕部分でもロール可動。

IMG_315374139.jpg
IMG_315374140.jpg
腹部は引き出し式の多重関節で大きく可動。腰部分のボール軸でロール可動も。
股関節はクランク可動。腰部のアーマーも前と横側が可動。
ソールつま先で可動。足首の接続はボール関節。内部から引き出すことで更に可動域が広がります。

IMG_315374141.jpg
IMG_315374142.jpg
膝関節の可動や開脚も広めで、ヒザ立ちも余裕。本来のダイモスのデザインではできなそうな感じ。
変形ギミックが無い分アレンジに余裕が生まれたのかと思う。




IMG_315374125.jpg
IMG_315374124.jpg
台座。中には付属パーツ入りのブリスタを収納可能。

IMG_315374172.jpg
支柱はこれまでのF.A.と同様の構造。本体への接続方法も同じ仕様。

IMG_315374126.jpg
IMG_315374127.jpg
付属パーツ。

IMG_315374143.jpg
交換用の叫び顔フェイスパーツ。頭部を引っこ抜いてフェイス部を交換。
口の中も銀色なのでイマイチメリハリが無い感じ。

IMG_315374144.jpg
胸部中央は《ダブルブリザード》と《ファイヤーブリザード》のパーツに差し替え可能。
区別としては2つのファンが凹型になっているほうがダブルブリザード。凸型がファイヤーブリザード。

IMG_315374149.jpg
双竜剣。劇中では胸の黄色いハッチが変形する武器。刀身部はメッキ処理。
双竜剣を使う状態では胸のハッチはダブルブリザード等のパーツに交換。
専用のハンドパーツを使って持たせます。

IMG_315374152.jpg
IMG_315374153.jpg
ダイモシャフト。2本のダイモシャフトは連結可能。
分割する場合は中心のピンパーツは取り外しできるようになってました。
持つ角度が異なった2種類のハンドパーツが付属してました。

IMG_315374156.jpg
IMG_315374157.jpg
三竜棍。3分割するときは茶色の箇所をチェーンパーツに差し替え。

IMG_315374160.jpg
バトルブレイク。トンファー状の武器。こちらの刃は塗装。




IMG_315374154.jpg
IMG_315374155.jpg
IMG_315374150.jpg

IMG_315374159.jpg
IMG_315374158.jpg
IMG_315374161.jpg

IMG_315374162.jpg
ダブルブリザード!
IMG_315374164.jpg
必殺!烈風正拳突き!
面に折れのあるブロックが多用されているので、関節を畳んだポージングのときは綺麗なラインになるけど
正拳付き等、ビシッとしたポーズの時はアングルによっては「くの字」気味になるので微妙な感じに。

IMG_315374169.jpg
ファイヤーブリザード。耳のフリーザーストームが無可動なのでモーションが足りなく
ちょっとギミック的に勿体ない。。。
IMG_315374168.jpg
必殺!ダイモキック!
蹴りポーズも余裕でできるのがうれしい。GX-43版は構造的に厳しかったからなぁ。。。

IMG_315374171.jpg
IMG_315374170.jpg




フルアクション仕様になったことで格闘アクションが決まるのがうれしい。
個人的にはプロポーションの起伏が大きく、元のデザインから大きく変更が加わったのが気になります。
アレンジが強いので決定版というには少々好みの分かれるところなのかも。。。


タグ:超合金魂

共通テーマ:キャラクター