So-net無料ブログ作成
紹介玩具のまとめページを作ってみました。
■聖闘士聖衣神話 ■超合金玩具 ■ガンダム ■仮面ライダー ■ウルトラマン ■その他ロボ ■その他フィギュア

超合金魂 : GX-81 ザンボエース [超合金玩具]

IMG_315374635.jpg
超合金魂の『ザンボエース』です。

何故か唐突に、ザンボエースが単体で発売されました。
GX-23ザンボット3のザンボエースもかなり出来が良くて、限定で単品販売された経緯もありましたが、
今回のGX-81版では、大きさは一回り以上大きくなり、合体ギミックを廃した代わりに、
ザンボエース⇔ザンバードの変形・可動ギミックと、プロポーションを突き詰めたものになっています。

超合金魂:GX-23 無敵超人ザンボット3 (その1)




IMG_315374552.jpg
IMG_315374553.jpg
まずは台座から・・・。付属しているのは最近定番の形状の台座。
フタを開け、中に付属品のブリスタを収納可能。
スタンド部分がキングビアルを模した形状になっているのも芸コマ。

IMG_315374554.jpg
スタンド用補助パーツ。

IMG_315374555.jpg
交換パーツ等付属品。

IMG_315374558.jpg
IMG_315374559.jpg
本体。パッケージ内にはザンバード形態で梱包されているのでこの状態から。
ザンバード時での下側の羽は上下にスイングし、この形態では下向きのポジションが正解ですが、ベタ置きだと本体の重みで水平になってしまいます。

IMG_315374572.jpg
キャノピーは開閉可能。左側には千代錦。右側には勝平。
サイズが大きくなっても相変わらずのアカレンジャー。

IMG_315374560.jpg
背面は変形ギミックで脚部に隙間が露出してしまいますが、この隙間を隠すための
カバーパーツを取り付け可能。これでだいぶ整ったシルエットに。

IMG_315374561.jpg
IMG_315374562.jpg
バックパック部分にスタンド用補助パーツを取り付けることで、台座に展示できるように。

IMG_315374563.jpg
スタンドは軸の補強のために根元にカバーパーツが差し込まれ、角度が固定となっていますが、
このカバーを外すことで軸部分をボール可動で自在に動かせられます。

IMG_315374567.jpg
IMG_315374568.jpg
スタンドの軸のカバーを外せば、ボール可動でいろんな角度にすることができます。

IMG_315374569.jpg
IMG_315374570.jpg
IMG_315374571.jpg
上面の尾翼(ザンボエース時に胸部になるパーツ)は変形ギミックが内蔵されているので、
形状や大きさ的にはちょっと難があり。とはいえ、このギミックがこの商品の最大のウリらしい。

IMG_315374573.jpg
上面の尾翼は形状優先の非変形のパーツも付属してます。

IMG_315374575.jpg
IMG_315374576.jpg
IMG_315374577.jpg
形状優先の尾翼パーツを取り付けた状態。
変形用も折れ具合など形状を近づけようとギミック的に頑張っていると思うけど
形状の見栄えはかなり良くなります。
そもそもGX-23版が変形時には完全に差し替えする箇所だったので、
羽に変形ギミックがあることで差し替えの手間がなくなっただけに恩恵はデカいでしょう。

IMG_315374637-2.jpg
ザンバードの武装。機首部分にバードガンを取り付け可能。

IMG_315374638.jpg
尾翼部分にトレンブルホーンを装着。
変形用。非変形用の両方の尾翼に取り付けられます。

IMG_315374639.jpg
フル装備。




IMG_315374578.jpg
エースチェンジ!ザンボエースに変形。
まずキャノピーを開き、勝平の座席を倒します。劇中でシートが移動するシーンが再現されてます。

IMG_315374580.jpg
脚部の変形。ザンバード下部ののカバーパーツは取り外しておきます。
つま先のブロックを内部から引き出して、脚部をスライドさせて伸ばします。

IMG_315374581.jpg
腕部の変形。拳が腹部にあたる部分のスペースに収納されているので
肩関節をスライドさせ、拳を引き出します。
手首関節を起こし、ヒジをスライドさせ、腕部を伸ばします。

IMG_315374582.jpg
拳が収納されていた腹部の隙間を埋めるためのカバーが
背中部分に畳まれて収納されています。
羽パーツの基部を開き、内部に畳まれていたカバーパーツを起こし、腹部の隙間を隠します。

IMG_315374583.jpg
IMG_315374584.jpg
胸部の羽の変形。翼の折れ部分のヒンジを水平にし、羽をスライドさせ縮めます。
中央部のヒンジも山折りにします。

IMG_315374585.jpg
収納されていた頭部を引き出します。
フェイス部を覆っているカバーも頭部を引き出す動作と連動して襟状に変形します。

IMG_315374595.jpg
IMG_315374596.jpg
ザンボエース変形完了。基本的な変形手順はGX-23と同様ですが、
ディティールも余すことなく再現され、変形手順でも細かい部分で洗練されています。
ここまで変形させてみて、改めてザンボット3への変形ギミックは考慮されていなかったと気づく。。。

IMG_315374597.jpg
IMG_315374598.jpg
塗装精度は良好です。外観は箱っぽく割とシンプルながら、エッジも立った面構成で
翼の先端もシャープ。

IMG_315374599.jpg
IMG_315374600.jpg
ザンボエースにもディティールアップパーツがあります。
腰部切り欠き部の凹みを埋めるためのカバーを取り付けられます。
ここはホルスターを接続するための箇所でもあるので、必要に応じてといったところでしょう。
胸部の羽もザンバードと同様、非変形用のパーツに交換できます。

IMG_315374611.jpg
食いしばった表情の交換パーツも付属しています。

IMG_315374603.jpg
2点のディティールアップパーツを取り付けた状態。

IMG_315374604.jpg
IMG_315374605.jpg
腕部の可動。可動域は割とスタンダード。
肩関節も引き出し可能で胸部前面にも腕部を可動させられます。
唯一の武装であるザンボマグナムを構えるアクションには困りません。

IMG_315374606.jpg
IMG_315374607.jpg
腹部は内部の関節を引き出し、前方に倒せる構造に。
股関節もクランク関節により前方に引き出せます。

IMG_315374608.jpg
ヒザ関節の可動は画像程度。つま先部分はボール可動。足首部分のプレートもわずかにヒンジ可動。

IMG_315374609.jpg
IMG_315374610.jpg
開脚も必要十分。ヒザ立ちもできる程度。

IMG_315374620.jpg
台座にザンボエースを飾るときは、背中部分に補助パーツと支柱を取り付けることで
安定して飾ることができます。




IMG_315374556.jpg
ホルスタージェットと、ザンボマグナムとオプション。

IMG_315374615.jpg
IMG_315374616.jpg
IMG_315374617.jpg
ホルスタージェットにザンボマグナムのパーツを取り付けた状態。
銃身パーツはスライドピン等で接続するためポロリと落ちる心配は無し。

IMG_315374622.jpg
IMG_315374623.jpg
ホルスターをザンボエースに装着。腰部の凹み部分に引っ掛けて取り付けるので、
腰部のディティールアップパーツは外す必要があり、ドラムマガジンのパーツも
装着用の薄いパーツに交換します。

IMG_315374632.jpg
ホルスターを取り付けた姿。

IMG_315374624.jpg
ザンボマグナム。マガジンの着脱が可能。

IMG_315374626.jpg
銃身にサイレンサーを取り付け。
IMG_315374627.jpg
グレネード。
IMG_315374628.jpg
上部にスコープ。ロングバレルを取り付け。
IMG_315374629.jpg
ノーマルのマガジンを外し、ドラムマガジンを装着。銃身下部にグレネードを取り付けられます。




IMG_315374621.jpg
IMG_315374630.jpg
ザンボマグナムフル装備。

IMG_315374634.jpg

IMG_315374631.jpg
IMG_315374633.jpg

IMG_315374636.jpg
IMG_315374640.jpg




GX-23版もかなり完成度が高かった記憶がありますが、思い出が美化されていたこともあり
実際に比べると、合体ギミックを廃したことでザンボエースとしての完成度は雲泥の差。
隠しギミックでザンボット3への合体ギミックがありそうなどと妄想してましたがそんなことはなく・・・。
いつかは、同スケールのザンブル・ザンベースとか、最終回のダメージバージョンも発売してくれないかな。



共通テーマ:キャラクター