So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
紹介玩具のまとめページを作ってみました。
■聖闘士聖衣神話 ■超合金玩具 ■ガンダム ■仮面ライダー ■ウルトラマン ■その他ロボ ■その他フィギュア

聖闘士聖衣神話 : ケルベロスダンテ [聖闘士聖衣神話:聖闘士]

IMG_315374253.jpg
聖闘士聖衣神話の『ケルベロスダンテ』です。

アニメ版の姿で立体化されていますが、オブジェ形態は原作漫画の聖衣装着分解図を元としているため
余剰パーツを用いて、原作風の聖衣装着姿にも再現できる仕様になっており、プレイバリューは高め。
試作品の展示から随分間が空きましたが、無事販売されてよかった!




IMG_315374229.jpg
ダンテ素体。無印神話なのでいつもの3rd素体。

IMG_315374231.jpg
IMG_315374232.jpg
聖衣装着。
白銀聖闘士のフィギュアは販売されることが稀で、アニメ版もほぼ1話程度しか登場しないので
ケルベロス(地獄の番犬座)のダンテの姿は、殆ど原作漫画で見返す程度でした。
その原作漫画とは違い、アニメ版ダンテはスマートなプロポーション。
聖衣カラーはトーンが暗めのシルバーメッキ。黒縁のラインは塗装となってます。

IMG_315374233.jpg
聖衣の可動域はやや制限が加わります。
肩アーマーはほぼ固定のため腕部が水平程度にしか可動域がなく、
腰回りは前垂れが固定なので脚部の前後可動が苦手。




IMG_315374230.jpg
付属パーツ。

IMG_315374234.jpg
IMG_315374235.jpg
交換フェイスパーツは《通常・叫び顔・食いしばり》の3種類付属していました。
マスク非装着時の頭髪デザインは玩具オリジナル。
デコが広く個性的なせいか、表情がどことなくマヌケに見える。だがそれがいい。

IMG_315374241.jpg
IMG_315374242.jpg
ケルベロスダンテといえば鋼球鎖でしょう。
チェーンに繋がれた先端の鋼球はプラ製。左右分付属しています。

IMG_315374243.jpg
グリップを持つハンドパーツも左右分付属。

IMG_315374249.jpg
チェーンが繋がった鋼球鎖も別に付属してます。
アニメではこちらをメインに使っていたと思います。

IMG_315374254.jpg
IMG_315374255.jpg
鋼球は聖衣の一部だと思うけど、マシンガンのごとく発射してて
どんだけスペアがあるんだよってくらい破壊されてましたな・・・。

IMG_315374256.jpg
アニメ版を見返してたら、食いしばり顔の用途は
一輝にアッパーを喰らった顔なんじゃないかって思えてきた。
それにしてもこの回は微妙にギャグ回な面もあったのね。。。




IMG_315374257.jpg
IMG_315374258.jpg
IMG_315374259.jpg
原作版聖衣に換装。
上腕部用の聖衣パーツを新たに装着。前腕部にナックルガードを装着。
胸部アーマーの一部を差し替えし、背中パーツをケルベロスの頭部分に交換します。

IMG_315374265.jpg
IMG_315374266.jpg
原作風聖衣のケルベロスダンテ。密度感はこちらのほうが好み。
ケルベロスの頭をつなげる背中の基部パーツや、上腕アーマーはやや固定が甘くなっていました。
いずれはミスティやアルゴルのように冥衣版も発売されるのかもしれない。。。

IMG_315374267.jpg
何度も言うが原作版のイメージだとダンテはデブん子な印象しかないんだよ。

IMG_315374270.jpg
地獄の番犬座ってもう存在しないんだっけ?




地獄の番犬座オブジェ形態

IMG_315374271.jpg
オブジェ形態はアニメ設定が存在しないので、原作漫画の装着分解図を元にしているそうです。
漫画で展開図を眺めていたものが、実際に手に取れるのはやはりうれしい作業です。
こういうのが楽しくて装着玩具が人気が出たんだと思うんだけどなあ。(DDPを眺めつつ)

IMG_315374272.jpg
IMG_315374273.jpg
鋼球鎖の置き方等は特に指定はされておらず、パッケージイラスト等を参考にしてます。

IMG_315374274.jpg
IMG_315374275.jpg
ノーモアドッグ!

IMG_315374277.jpg
原作風としてダンテに装着したときのケルベロスの頭はオブジェ形態としては小さすぎるので
上から大きめのカバーパーツを被せる仕様になっていました。

IMG_315374276.jpg
鋼球鎖の柄は犬の尻の穴にブッ刺すという凄い内容。




たまにやってくる完全新規のマイスということもあって、
カラバリやEX、リニューアル品等よりかは、購買意欲が高まりました。
原作風の装着姿にも再現できる点はかなり評価が高いです。
鋼球を用いたアクションがし辛い点は、鎖が固定のパーツを用いない限りは難しいことは
わかりきっていたことなのであまりマイナス要素には感じません。




共通テーマ:キャラクター