So-net無料ブログ作成
紹介玩具のまとめページを作ってみました。
■聖闘士聖衣神話 ■超合金玩具 ■ガンダム ■仮面ライダー ■ウルトラマン ■その他ロボ ■その他フィギュア

超合金魂 : GX-74 ゲッター1 D.C. [超合金玩具]

IMG_0297.jpg
超合金魂の『ゲッター1 D.C.(ダイナミッククラシックス)』です。

超合金魂D.C.第3弾のゲッターロボから、ゲッター1が登場。
アニメでの作画違いによる異なる形状のフェイスや胸部を、パーツ交換によりそれぞれ再現されています。
初回封入特典で、D.C.のグレートマジンガーで握手ができるゲッター1用ハンドパーツが付属してます。




IMG_0217.jpg
本体のゲッター1。
パッケージから取り出した状態では胸部前面のパーツが取り付けられていません。
これは2種類ある胸部パーツを好みで取り付けられる仕様のため。

IMG_0218.jpg
IMG_0220.jpg
付属のD.C.シリーズ共通の台座。
台座上部はフタになっており、中には付属パーツのブリスターが収納されています。

IMG_0221.jpg
台座内部のブリスタ内に梱包されている付属パーツ。
今回はゲッター1本体に最低限な交換パーツは台座内に収納できる内容になってます。

IMG_0222.jpg
その他パーツ。




IMG_0223.jpg
胸部パーツを取り付け。こちらは2種類あるうちの裾が広がったタイプのパーツ。

IMG_0225.jpg
IMG_0226.jpg
ゲッター1全身像。
パッケージからゲッター1を取り出した状態では、フェイス部が初期バージョン・・・
所謂、目が正六角形のアニメOPのバージョン。シンプルな外観ゆえに、
アングルによるプロポーションの見え方の変化など計算して造形されているようです。
カラーリングも白部分は単なる白ではなく、元のフィルムが青味のある白だったので
それを意識して塗装されているとのこと。

IMG_0227.jpg
IMG_0228.jpg
頭部の耳の裏側など、影を意識して異なった赤色で塗装されているそうです。

IMG_0229.jpg
IMG_0231.jpg
細かな関節色の塗り分けや、脚部のラインなど、塗装ズレもなく清潔感があります。

IMG_0285.jpg
マジンガー系D.C.と比較。さすがに身長差までは再現されていなかったです。




IMG_0232.jpg
IMG_0233.jpg
可動域。
先に発売されたマジンガー系と同じく、肩部分は肩パット状。ボールジョイント接続。
引き出し関節の肩になっているため、若干前方にスイングさせることもできますが
裾広りの胸部前面パーツでは腕が干渉するため、効果はイマイチ。

IMG_0234.jpg
胸部・腹部で前後スイング。首は飛行ポーズに合わせてかなり反らせることが可能。
なお、今回は腰部分はロール可動すらしないので、ポージングにはやや難があり・・・。

IMG_0237.jpg
開脚はこの程度。足首関節も若干引き出せるようできたが、接地性はイマイチ。

IMG_0239.jpg
IMG_0238.jpg
パンツ部分の前面カバーは交換式。
通常のパーツ【画像左】では、シルエットは整っているものの、脚部の前後可動がかなり狭いく、
可動域を広げる交換パーツ【画像右】を使うと、やや可動域が広がるように。
パンツカバーの交換ギミックはダイキャスト関節の露出が多かったのが欠点でしたが、
ゲッター1では黄色の関節カバーが内部に設けられていたので、見栄えの面では改善されてますね。
ヒザを曲げると、ふくらはぎのカバーが収納されて、より深く曲げることが可能に。

IMG_0240.jpg
腹部のゲッタービーム発射口はパーツを回転させて再現する方式。

IMG_0241.jpg
ヒジ関節はD.C.共通のパーツなので前腕部を取り外し可能。
パーツ交換でマジンガーの前腕を取り付けるといったことも・・・・




IMG_0243.jpg
付属のゲッターウイングを取り付け。背中の内側にジョイントがあります。
保持力は問題なし。

IMG_0242.jpg
フェイスパーツと胸部カバーを小さい別の形状に交換。
フェイス部の前面を取り外して別パーツに交換するのみ。

IMG_0253.jpg
IMG_0254.jpg
パーツ交換による別パターンのゲッター1。目の六角形が細くなったことで精悍な顔つきに。
胸部も細くなっているので、よりスマートになった気もします。
ゲッターウイングの塗装は表と裏とで異なった色の濃さになっています。

IMG_0258.jpg
パターンの比較。
フェイス部は細目のものは所謂、後期バージョン。こちらは額の青色の箇所がクリアーパーツに。
劇中でのコクピットが胸部から頭部へ移ったことによるパターンを再現してあるそうです。
胸部はコクピットやグリーンの部分も形状までもが異なっています。

IMG_0257.jpg
小さいほうの胸部パーツを使えば、肩の可動域が活きるように。

IMG_0255.jpg
ゲッターウイングは取り付け基部で前後にスイング。

IMG_0260.jpg
IMG_0261.jpg
ゲッタートマホーク。2本付属してます。
持たせるときは、トマホークの柄の球体部分を外し、専用のハンドパーツの穴に通す方式。

IMG_0262.jpg
本体を台座に接続する固定用のアームは支柱タイプとアームタイプの2種類。
アーム先端のパーツはピン状の形状と、クリップタイプが2種。
ピン状のものは尻の部分に差し込んで固定。クリップタイプは腰部分に引っ掛けて固定。

IMG_0284.jpg
初回封入特典で、D.C.のグレートマジンガーで握手ができる ハンドパーツが付属してます。




IMG_0268.jpg
ゲットマシン3機も付属しています。
本来ゲッターロボが合体メカであることを鑑みれば、是非とも付属していてほしいパーツ。

IMG_0265.jpg
イーグル号。説明書には機体の薄さやモールドに至るまで細かく指示されていて
単なるオマケではないことを匂わせてました。綺麗に塗装もされてます。

IMG_0266.jpg
ジャガー号。単に薄いだけのメカかと思いきや、微妙な曲面で構成されていてこだわりを感じます。

IMG_0267.jpg
ベアー号。キャノピーはクリアーパーツ。
丸くて厚く見えるけど、イーグル号並みに薄くて、設計の妙を感じます。

IMG_0274.jpg

IMG_0275.jpg
ノズル部分は3ミリ径の穴が開いているので魂ステージに接続は可能なものの、
ジャガー号はノズルが奥まっているので取り付けは難しい・・・。

IMG_0277.jpg
ゲットマシンは付属の台座にディスプレイ可能。

IMG_0264.jpg
IMG_0276.jpg
ゲットマシン用エフェクト。ノズル部分に差し込んで固定。
チェンジゲッター前の上昇シーンの再現ができるように。
エフェクトの裏側にアームを取り付け。

IMG_0278.jpg
可動タイプのアームに接続すれば、違ったパターンの飛行シーンも再現可能。

IMG_0279.jpg
発射カタパルトのパーツも付属しており、台座の穴にセットすることも。

IMG_0280.jpg
IMG_0281.jpg
各ゲットマシンを発射カタパルトに乗せて。カタパルトは本来オレンジ色だけど
成型色の黒になっています。マジンガー系ではここら辺も再現されていただけに、ちょっと惜しい。

IMG_0282.jpg
台座にゲッター1とゲットマシンを展示した状態。




IMG_0298.jpg
IMG_0291.jpg
IMG_0286.jpg

IMG_0288.jpg
ただでさえ武器が少ないゲッター1なので、
ゲッタービームのエフェクトパーツくらいは欲しかった気も。

IMG_0295.jpg
IMG_0296.jpg

IMG_0293.jpg
IMG_0294.jpg
IMG_0290.jpg
アームのネジを締めれば、何とか宙に浮かすこともできましたが。
長時間のディスプレイは危険かも・・・。

IMG_0283.jpg




前作が3機セットだったこともあり、あちらは合体シーンをイメージしたパーツが付属していましたが
今回のD.C.版は変形合体は無理と割り切ったうえで徹底的にゲッター1の形状にこだわった
シンプルな外観ゆえに検証を重ねた結果のプロポーションの美しさが際立つ感じです。
可動面では腰がロール可動しないためアクションポーズがとりづらいのは惜しい。
本体形状の違うパターンも再現できるのも妥協がなくて嬉しい。
思い入れも人それぞれだと思いますが、いづれも見たことのある形状であるため、
どれのパーツを取り付けても決定版的なゲッター1だと感じられます。




タグ:超合金魂

共通テーマ:キャラクター