So-net無料ブログ作成
紹介玩具のまとめページを作ってみました。
■聖闘士聖衣神話 ■超合金玩具 ■ガンダム ■仮面ライダー ■ウルトラマン ■その他ロボ ■その他フィギュア

聖闘士聖衣神話EX : アクエリアスカミュ(神聖衣) [聖闘士聖衣神話EX / 皇級 / 伝説]

IMG_0099.jpg
聖闘士聖衣神話EXの『アクエリアスカミュ(神聖衣)』です。

アニメ「黄金魂」で神聖衣に変化した水瓶座の黄金聖衣。
ノーマル版では最後発になったカミュですが、神聖衣版では早めにリリースされましたね。




IMG_0048.jpg
神聖衣版カミュ素体。素体の形状はノーマル版とほぼ共通。

聖闘士聖衣神話EX : アクエリアスカミュ

IMG_0055.jpg
聖衣装着。
デザインを昇華させるにあたって、過剰なアレンジが加わることも多い黄金神聖衣のなかでも
一目でこれはアクエリアスであると認識できると思う。
背中の背負い物がシンプルで、本体側のエングレービングはノーマル版からアレンジして
少々増やしてある程度なので、全体像はクドくない印象。
聖衣パーツの色は、これまでリリースされた神聖衣のなかで、最も薄めの金色。

IMG_0056.jpg
神聖衣恒例でアクエリアスでは、翼っぽいものではなく、羽衣っぽい造形の背負い物が追加。
個人的にはイメージに合った自然な雰囲気になっていると思います。
羽衣は本体への軸接続が若干甘く、ポーズ付けの際も、下段の羽は接地させて
立ちポーズの支えになりますが、ちょっとした衝撃でポロリと外れてしまうことも。

IMG_0059.jpg
IMG_0060.jpg

IMG_0063.jpg
IMG_0062.jpg
背中の羽はプラ製。別売りの台座など使用するときは羽の接続部に干渉するので
腰の部分にはアームが挟みにくい感じ。

IMG_0065.jpg
ノーマル版と比較。
ノーマル版でも薄めに感じた金色部でも、神聖衣はさらに薄く。
マスクがノーマル版に比べて丸いデザインになっているので、顔が大きめに見えてしまう。。。




IMG_0070.jpg
IMG_0071.jpg
肩と腰部分のアーマーは多重関節で各部可動。
腰のサイドアーマーの可動は腹部の上側に動く程度なので、ポージングの際はクセがある感じ。

IMG_0066.jpg
IMG_0067.jpg
背中の基部に、羽パーツを差し込み。 (後ろ髪パーツは外してあります)
差し込み軸でロール可動。
上側の羽パーツは中間部で前後にスイングするギミックもあり。軸可動部の継ぎ目が目立ちますね。




IMG_0049.jpg
付属パーツ。

IMG_0074.jpg
胸部パーツは《大・小》2種類付属。
必殺技のオーロラエクスキューションの再現用に、パーツ交換できる仕様。

IMG_0072.jpg
オーロラエクスキューションの腕組み時に、胸部パーツが通常の大きいものだと、
腕部が胸部に引っかかって、前方に腕を突き出せません。
技の発動前の構えなら、大きい胸部パーツでも問題ないと思うけど。

肩アーマーパーツの可動軸が優秀なので、上段構えの際でも可動域に支障ないです。

IMG_0073.jpg
胸部パーツを小さいものに交換した場合は、組んだ両腕を前方に突き出す動作も可能に。

IMG_0075.jpg
IMG_0076.jpg
フェイス部。
交換フェイスパーツは《通常・・閉眼・叫び・閉眼(微笑)》の4種類付属。
閉眼(微笑)のフェイスは、神聖衣版からの新規パーツ。
フェイスパーツのアイプリントがノーマル版とは異なり、目の輪郭がハッキリとしています。
カミュに限ったことじゃないですが、黄金魂アニメ本編の顔とはちょっと違う雰囲気。
(つーかそもそも、EX全般、荒木・姫野画とも似ても似つかない感じなんだけど・・・)

IMG_0077.jpg
IMG_0078.jpg
IMG_0079.jpg
マスク非装着時の写真も。
頭髪のもみあげ可動はノーマル版と同じ構造。マスクの装着の有無で、もみあげパーツも交換。
マスク装着時だと可動の効果は少な目。

IMG_0080.jpg
フェイスパーツはノーマル版と互換性があるので、ノーマル版に付属していた2種も装着可。
シチュエーション的には、まず使い道はなさそうだな。。。

IMG_0089.jpg
ノーマル版のフェイスと比較。何かが劇的に変化した感じもなし。

IMG_0090.jpg
IMG_0091.jpg

IMG_0095.jpg
聖衣の背中のジョイント形状が同じなので、ノーマル版に付属のマントも装着可能。

IMG_0096.jpg
別売りの神台座にセッティング。
レオアイオリア神聖衣(初回版)に付属のメッキシンボルをセット。

聖闘士聖衣神話EX : レオアイオリア(神聖衣)

IMG_0098.jpg
アクエリアスの聖衣分解装着図も付属してます。
初回版レオアイオリアに付属している、《聖衣分解装着図専用バインダー》にファイリングできます。




IMG_0104.jpg
「煌めけ!我が小宇宙よ!」
黄金魂のカミュは顔も性格も甘々で、クールな凛々しさの面影は全くなかったですが。

IMG_0103.jpg
IMG_0112.jpg
「ダイヤモンドダスト」
何時の頃からか、カミュの場合は、手のひらから凍気を発するイメージ。

IMG_0105.jpg
IMG_0111.jpg
「オーロラエクスキューション」
アクエリアスの扱いの雑さはΩで始まり、黄金魂で決定的になった感じもしなくもない。。。





アクエリアスの神聖衣オブジェ形態

IMG_0114.jpg
装着時に羽だったパーツが、オブジェでは水瓶からの流水になっているデザインが面白いです。
聖衣の分解図が単調、あるいは把握しにくい神黄金の中でも、うまくまとまっていると思う。
ただ、やはりフィギュア的に残念なのが、聖衣パーツを組み込むスペースはコンパクトで、
上記の羽のパーツも大半がフレーム上のダミーパーツで盛っているので、
イマイチギミック的には面白みがないように感じる。。。

IMG_0115.jpg
IMG_0116.jpg

IMG_0118.jpg
IMG_0122.jpg
台座の中に、羽と上腕と手甲を収納するスペースがあり。

IMG_0120.jpg
ノーマル版のオブジェと比較。
どっちも上腕アーマーがオブジェの構造上、いらないものになっているのがなんとも。。。

IMG_0121.jpg




神黄金はノーマル版での不満点も地味に改善されていることもあるので
仕様そのものは不満点があまりなくて、特筆する言葉もないんです。
個人的に神聖衣のアクエリアスのデザインはすごく好みだったんですが、
上羽の中央の可動ジョイント軸は見た目を損なっているので
もうちょっと何とかならなかったのかなぁ・・・と。

ノーマル版アクエリアスのリリースから、そんなに時期が経っていないこともあり
神聖衣版といっても、フィギュア的にバージョンアップ感は薄かったですが
プレイバリュー的には、ノーマル版で完成されつくした印象もあります。




共通テーマ:キャラクター