So-net無料ブログ作成
紹介玩具のまとめページを作ってみました。
■聖闘士聖衣神話 ■超合金玩具 ■ガンダム ■仮面ライダー ■ウルトラマン ■その他ロボ ■その他フィギュア

D.D.PANORAMATION フェニックス一輝 -鳳翼天翔- [D.D.PANORAMATION]

IMG_0003.jpg
D.D.PANORAMATIONシリーズの『フェニックス一輝 -鳳翼天翔-』です。

D.D.PANORAMATIONは、黄道十二宮のシーンをジオラマで再現してくシリーズで
今回の一輝と同時発売で、対戦相手のバルゴシャカも発売されています。
第1弾の星矢とサガも、対戦相手として縁の深いキャラなので、シーン再現の幅が広がりますね。

D.D.PANORAMATION ペガサス星矢 -ペガサス流星拳-
D.D.PANORAMATION ジェミニサガ -教皇の間-




IMG_0005.jpg
付属のフェニックス一輝。大きさはシリーズ共通の10センチほど。
手に取ってみて気づくのは、造形や聖衣パーツの接続・可動方法など、
第1弾の星矢やサガで違和感があった箇所は、結構改善されて全体的に洗練された印象があります。

元々、初期青銅のフェニックス聖衣は配色が多いこともあるのですが、
塗装も手抜き感が感じられないです。
しいて言えば、バックル部分と尾のラインが省略されていること。
ここはかなり小さいパーツなので、塗られてないのは仕方ないでしょう。

IMG_0017.jpg
IMG_0018.jpg
可動域。肩パーツは襟元で上に上がるのみに。
星矢じゃ可動軸が多すぎてかえって不格好になっていたところなので、
シンプルになった分見栄えは上がってます。
尻尾はあまり動かず、ほぼ固定。
腰部分のアーマーはパーツ分割が少なくなっているため、前後のアーマーはほとんど動かず。
サイド部分も可動域が狭くなって、脚部の前後の動きには干渉して外れやすい感じもします。
聖衣パーツの可動域は星矢に比べて制限が加わっているように感じますが、
必要最小限のアクションは普通にこなせると思います。




IMG_0007.jpg
付属パーツ。

IMG_0009.jpg
IMG_0010.jpg
頭部はマスク装着時と、非装着時の2種類付属。
それぞれ異なる表情のパーツが付属しており、フェイスパーツは付け替え可能。

頭部は星矢よりも小さくなっているものの、
アイプリントもこのサイズにしては違和感がないレベルにまでアップ。
眉間の傷もちゃんと再現してあります。
髪もパーツの分割数が多くなっているので、各部、造形はシャープになっています。
頭部の可動軸は髪パーツにあり顎を引く動作は苦手。なので少々見上げたような視線に。

メットも最初はしっかり固定できていましたが、何度も分解をしているうちに
各接続部がユルくなってきてしまいました。

IMG_0011.jpg
必殺技の鳳翼天翔用エフェクトパーツ。
造形やパーツ構成は、神話EXのエフェクトパーツの小型版のようなもの。

聖闘士聖衣神話EX : エフェクトパーツセット(フェニックス一輝・バルゴシャカ)

IMG_0014.jpg
エフェクトには台座を差して飾ることも。
ただ、支柱が短すぎて一輝と並べると高さが足りず、なんかシュールな構図に。。。
エフェクトの展示には他のスタンドのアームを使ったほうがいいかも。




IMG_0012.jpg
ストラクチャーパーツ。柱はランナー状態で封入されている点も変わらず。
ランナーは星矢と同じで2枚。組みあげると各4本の柱パーツが完成。
台座の連結パーツ・柱の連結パーツも4個づつ。

IMG_0015.jpg
付属の台座に柱を差して展示します。
黄金聖闘士のDDPと比べて、青銅はストラクチャーパーツの構成は随分と寂しい内容。




IMG_0020.jpg
フェニックス幻魔拳の指さしハンドパーツも。

IMG_0023.jpg

IMG_0013.jpg
「フェニックス最大の拳!鳳翼天翔!」

IMG_0021.jpg
アニメ版十二宮編の一輝ニーサンって、アニメオリジナル話と原作とのつじつまが合わなくて
良いシーンに恵まれなかったような・・・。名シーンといえば顔芸?

IMG_0185.jpg
「フェニックスの翼がある限り地獄だろうと宇宙の果てからだろうと蘇る!
 くらえ!フェニックスの拳を!」




第1弾の星矢が微妙な完成度で、半ばこのシリーズの限界を感じてしまったのですが
今回の一輝くらいのレベルならDDPもいいんじゃないか?と、
思えるようになってしまった自分に驚き。
聖衣パーツの可動軸はシンプルな構造になっていますが、おかげで可動軸の厚みから解放されて
星矢のような変なプロポーションからは改善されてます。
エフェクトも加わって必要最小くらいのアクションはこなせるし、
頭部パーツの分割数も変わって、モッサリした印象もなくなっていたりと、
小サイズなりの堅実な作りになったのは好印象でした。




共通テーマ:キャラクター