So-net無料ブログ作成
紹介玩具のまとめページを作ってみました。
■聖闘士聖衣神話 ■超合金玩具 ■ガンダム ■仮面ライダー ■ウルトラマン ■その他ロボ ■その他フィギュア

1/144 HGガンダムアメイジングレッドウォーリア (フルカラーメッキVer.) [ガンダムプラモ]

IMG_0061.jpg
HG1/144ガンプラの『ガンダムアメイジングレッドウォーリア(フルカラーメッキVer.)』です。
個人的には本来、イベント限定品などで販売されているメッキバージョンのキットが
欲しいと思うことはあまりないのですが、ビルドファイターズトライのレッドウォーリアは
神々しいツヤありっぽいイメージがあったので、このメッキVer.のキットはかなり心惹かれていました。

販売開始から月は経っていますが、出先のダイバーシティーに入荷していたため購入。
(買うのは我慢しようと思えばできたんだけど・・・折角なので・・・)





IMG_0060.jpg
パッケージ。

IMG_0039.jpg
IMG_0040.jpg
フルカラーメッキといっても、メッキ処理されているのは赤2色と、シルバー・イエローのみ。
武器・関節などの黒色パーツは通常の成型パーツ。
その黒色成型パーツも、煌びやかなメッキとは対照的に、とてもいい感じの艶消しパーツに。
全体を引きしめるいい仕事をしています。

細かい色分けはシールになっています。
使用したのは、頭部のカメラと、ふんどし部のダクト部のグレーのみ。

一般流通しているキットのランナーは、アンダーゲートになっていないため
このメッキ版は、パーツ切り取り時のゲート跡が残りやすいのが難点。
持論としては、メッキパーツはニッパーで切るより、切込みだけ入れて、
ランナーから手でもいだほうがゲート跡が目立たないと思ってます。
(刃物でメッキを傷つけたり、断面のつぶれが嫌なので・・・)




IMG_0042.jpg
IMG_0041.jpg
本体色の赤は、メッキでも2色の濃淡で色分けされています。
通常品よりも濃さのメリハリは控えめ。

IMG_0044.jpg
ハンドパーツは握りこぶしのほかに、武器の持ち手用に穴が開いた形状のパーツも。

IMG_0045.jpg
キットでは、オリジナルレッドウォーリアの狂四郎マーク、「KS」のシールも
付属していましたが、メッキとの色合いが違うので貼っていません。




IMG_0052.jpg
IMG_0053.jpg
可動は上半身の可動は優秀。脚部は足首部分が若干窮屈。

IMG_0050.jpg
バックパックのウェポンを繋いでいる左右のアームが可動。
バックパックと、肩部分のバーニアが可動。

IMG_0049.jpg
胸部のカバーを取り外して、ダクトのパーツを裏返せばミサイルランチャーのモールドが露出。
フロントスカート部のカバーも下方向に差し替えれば、ここもミサイルランチャーに。

IMG_0051.jpg
付属武器。
組み合わせ次第でいろいろな形状にできます。
「紅ウェポン」として武器のみ販売しているようです。




IMG_0055.jpg
IMG_0056.jpg
IMG_0058.jpg
IMG_0059.jpg

IMG_0046.jpg




販売ルートも限られていることと、通常品よりも価格が高いのが難点。
通常版がメッキ仕様ではないので、メッキ部分のゲート処理が制作の課題になると思います。
とはいえ、惚れこんで買ったキットなので、パチ組でも十分満足してます。
できればマスターグレードで欲しかったなあ。。。



タグ:ガンプラ

共通テーマ:キャラクター