So-net無料ブログ作成
紹介玩具のまとめページを作ってみました。
■聖闘士聖衣神話 ■超合金玩具 ■ガンダム ■仮面ライダー ■ウルトラマン ■その他ロボ ■その他フィギュア

ULTRA-ACT × S.H.Figuarts : ULTRAMAN [ウルトラマン関係]

IMG_254027845.jpg
ウルトラアクト × S.H.フィギュアーツの『ULTRAMAN』です。

姿はウルトラマンでも、人間サイズの強化服を着たヒーローなので、
ウルトラアクト × S.H.フィギュアーツの混合ブランドに。
アクションフィギュアが市販品されただけでも、個人的には驚き。
ベムラー・セブン・エースの立体化にも期待したいです。




IMG_254027818.jpg
ウルトラマンスーツ全身像。メカニカルなディティールも細かく彫刻されています。
本来幾つものパーツが重なり合っているであろうディティールも、1パーツで造形されていたりと、
後発の他社品と比べ見てしまうと、可動の制限もあったり、若干、見劣りする箇所もチラホラ。
とはいえ、サイズは小さいので十分及第点だと思います。

塗装は銀色と赤色が塗り分け。スミ入れもされていないので微妙にもっさりした感じがするものの
漫画のカラーイラストも似たような感じなので、これはこれで正解なようなきもしつつ。。。

IMG_254027819.jpg
ウルトラアクトのリニューアルマンと。
ウルトラアクトといっても、大きさは通常のフィギュアーツ並で、若干小柄。

IMG_254027820.jpg
頭部。側面のスリットも開いていたりと立体的に。
目の部分は一応、白色で塗装されているようですが、ちょっとメリハリが足りない印象。
カラータイマーはクリア。中側は青色のメタリック塗装。

IMG_254027822.jpg
IMG_254027825.jpg
腕部。上腕にはロール可動がなく、肩周りでロール可動。形状的胸部と干渉するので若干窮屈。

IMG_254027826.jpg
胸部・腹部の可動。反りの可動はまあまあですが、前屈はおなかが引っかかるので苦手。
ロールは腰の部分ではなく腹部で可動。よって、重心を落としたアクション可動は厳しめ。

IMG_254027827.jpg
股関節部は下方向にスライドして可動域が広がる構造に。
太もも部分で横ロール可動。

IMG_254027836.jpg
腰周りの造形が引っかかるので、股関節を下げないと脚部の前後スイングはすごく狭いです。
ヒザ立ちは画像くらいが限界。足首部分は可動域が狭く、つま先を伸ばす可動は苦手。
カカト部分のパーツはボールジョイント接続。




IMG_254027837.jpg
付属品。

IMG_254027824.jpg
IMG_254027838.jpg
前腕部のパーツを差し替えて、《スペシウムブレード》を再現。
漫画だとアクション時にはブレードの光の軌跡がカッコよかったので、ブレードの形がこれのみは寂しい。

IMG_254027839.jpg
IMG_254027841.jpg
スペシウム光線のポーズ時には、胸部の幅が狭くなっているパーツに交換する仕様に。
これで胸元で腕を交差しやすくなります。

IMG_254027842.jpg
スペシウム光線時には、専用の前腕パーツに交換。スリットなど造形が細かい。
腕をクロスするときのコネクタ接続などのギミックは再現されておらず。

IMG_254027846.jpg
スペシウム光線用の前腕パーツにエフェクトパーツを取り付け。ULTRAMANでは横向きに発射。
昨今のウルトラアクト的なエフェクトでちょっとダサい。




IMG_254027843.jpg
スペシウム光線だ ゴゴゴ

IMG_254027851-2.jpg
当たれエエエエ

IMG_254027857.jpg
ULTRAMAN的にはチート能力?な飛行。
フィギュアではウルトラアクト定番のスタンド接続パーツがなくなっていたのは残念。。。

IMG_254027859.jpg
IMG_254027856.jpg

IMG_254027852.jpg
IMG_254027853.jpg
IMG_254027854.jpg

IMG_254027855.jpg
俺はウルトラマンだ

IMG_254027858.jpg
リビングで親子と。




珍しく平日発売日であったり、人気があったのか、それともマイナー作品で入荷してないのか、
行きつけの店のどこにも売ってなくて危うく難民になりかけに。。。
まさかの立体化と歓喜していたものの、実際動かしてみると、人間が装着しているという
ウルトラマンスーツらしさを演出するパーツの不足感が目立ちます。
フェイスオープンや、リミット解除の赤タイマーはあってもよかった感じも。
とはいっても、ストーリー的にはまだまだパワーアップの余地がありそうな雰囲気なので、
新規パーツ付きで再リリースしそうな気配もしますね。




タグ:ULTRAMAN

共通テーマ:キャラクター