So-net無料ブログ作成
紹介玩具のまとめページを作ってみました。
■聖闘士聖衣神話 ■超合金玩具 ■ガンダム ■仮面ライダー ■ウルトラマン ■その他ロボ ■その他フィギュア

ROBOT魂 [SIDE MS] : G-セルフ [ガンダム完成品玩具]

IMG_254027948.jpg
ROBOT魂の『G‐セルフ』です。
今のところガンダム最新作で最終回を迎えたばかりの《Gのレコンギスタ》の主役モビルスーツ。
パック換装で様々な局面に対応する設定のギミックは、ROBOT魂でも再現されていて、
序盤から登場していた《大気圏内用パック》が付属しています。
装備によっては機体カラーも変化するため、第1弾としては、最もスタンダードな内容で
まとまっていますね。他のパックもプレミアムバンダイで受注販売されていくようです。




IMG_254027911.jpg
G-セルフ全体像。
装甲はもちろん、関節に至るまで、特徴的なフォトンフレームの再現で多数のクリアーパーツが
採用されています。今のところ唯一のHGガンプラ版でも再現されていなかった胸部ダクトまでもが
クリアーパーツのカバーで覆われているなど、立体物として目新しい感じがします。

IMG_254027913.jpg
脚部は微妙にS字立ちっぽい感じに。
メーカーのサンプル写真だと塗装されているっぽかった本体色のほとんどは成形色。
複雑なパネルラインも少々ぼやけて見えてしまう感じも。スミ入れしてあげると印象も変わりそうですが。。。

IMG_254027914.jpg
IMG_254027915.jpg
頭部に対して、大きめの目が特徴的。キャラクターの存在感が増してますね。
オデコのあたりのパーツ分割の隙間が目立つ感じ。アンテナ部分はシャープ。

IMG_254027916.jpg

IMG_254027917.jpg
背中にはパックの取付け穴があり。コアファイターの内蔵ギミックは搭載されておらず。




IMG_254027918.jpg
IMG_254027919.jpg
可動。
頭部は、首のパーツと頭部を繋ぐ軸受けが窮屈なのか、上下のスイングはほとんど動かず。
なので頭部の可動はほぼ左右のスイングのみ。肩は胸部から引き出し関節で前方につく出す動きも。
ヒジ関節はクリアーパーツを内蔵した構造を優先したためか、1軸の単調な可動のみ。
腰はロール可動。リアアーマーの干渉で多少の制限はあり。
腹部の赤いブロックでで前後スイング。

IMG_254027920.jpg
腰部分のフロントアーマーとサイドアーマーの軸は繋がっていて、上下にスイング。
フロントアーマーのジョイントはダブルのボールジョイント。
股の関節部の可動はクランク式。

IMG_254027921.jpg
脚部。ヒザを曲げる際、太もも裏側のカバーをスライドできるギミックがあり。
ヒザに対して連動可動するのではなく、手動でスライド。
ヒザ横のブロックの旋回可動や、アンクルアーマーも独立して可動。つま先は前後可動。

IMG_254027922.jpg
開脚。
股関節の動きは大胆に動きますが、ソール部の可動が狭いのでここまで動かす場面があるかは微妙。




IMG_254027924.jpg
付属品。

IMG_254027925.jpg
IMG_254027928.jpg
《大気圏内用パック》。パックはG-セルフの背中に取付け。

IMG_254027926.jpg
翼の収納や、基部の上下可動もあり。

IMG_254027929.jpg
《ビームライフル》
専用のハンドパーツで持たせます。ライフル自体にこれといったギミックは無し。

IMG_254027930.jpg
《シールド》。ジョイントパーツで下腕部分に接続。
ジョイントパーツの軸で接続位置の変更も可。
赤いシールドだけでなく、青いシールドのパターンもあったので、シーン再現度は微妙な感じに。。。

IMG_254027933.jpg
《ビームサーベル》
サーベルの柄と、ビーム刃のパーツは分割可能。専用のハンドパーツで持たせます。
流石にスケールが小さすぎて襟パーツの収納ギミックは無し。

IMG_254027937.jpg
お尻の部分に《魂ステージ》のジョイントを接続可。
大気圏内用パックの下面にも接続穴があります。

IMG_254027935.jpg
IMG_254027936.jpg
フル装備。




IMG_254027939.jpg
IMG_254027940.jpg

IMG_254027941.jpg
IMG_254027942.jpg

IMG_254027946.jpg
IMG_254027951.jpg
IMG_254027945.jpg




パックによって本体の色が変わる、いわゆるインパルスガンダムに通じる特色のあるG-セルフですが
前者はこの設定のおかげでバリエーション展開に恵まれず、立体物としては歓迎されなかったこともあって、
G-セルフはパックが充実するのか気になるところ。。。
今のところ、リフレクターの発売までは決まっていますが、本体色が共通の宇宙用パックは
価格が上がっても、今回の大気圏内用とセットにしてくれた方が僕は歓迎でした。
本体に関しては、クリアーパーツを多数使った造形が、プラモ版とは違った内容で
完成品ならではの付加価値感がありますね。
可動に関しては、頭部の構造上、上を向けないのが飛行ポーズに制限ができてしまい残念でした。




共通テーマ:キャラクター