So-net無料ブログ作成
紹介玩具のまとめページを作ってみました。
■聖闘士聖衣神話 ■超合金玩具 ■ガンダム ■仮面ライダー ■ウルトラマン ■その他ロボ ■その他フィギュア

S.H.フィギュアーツ: 仮面ライダークウガ マイティフォーム (真骨彫製法) [仮面ライダー関係]

IMG_254027856.jpg
S.H.フィギュアーツの『仮面ライダークウガ マイティフォーム』です。
人体の骨格から肉付けしていく真骨彫製法にて、クウガがリニューアル。

フィギュアーツ的な流行もあったと思うけど、以前のアーツクウガはすごく細身だったこともあり、
真骨彫製法版は劇中のスーツとは見まごうシルエットに仕上がっていて、レベルが一際高く感じます。

S.H.フィギュアーツ:仮面ライダークウガ マイティフォーム
http://oniityan.blog.so-net.ne.jp/2009-04-03




IMG_254027823.jpg
真骨彫製法にて完全新規造形になったクウガ。
肉質感が増したプロポーションや、彩色も以前のものとは印象が異なってます。

IMG_254027824.jpg
IMG_254027825.jpg
目の複眼や、角の曲面がちゃんと、整った顔立ち。
目のクリアパーツも厚ぼったくないので複眼内のモールドもしっかり見えますね。
眉間のランプまでクリアパーツ。

IMG_254027826.jpg
以前のクウガではメタリックレッドだった胸部も、ツヤありの赤に。
微妙な風合いで、正解な塗装で表現されてますよ。
首周りなどのリント文字もしっかり刻印されてます。

IMG_254027827.jpg
手首と足首部分の赤モールドにもクリアーパーツ。
肉質感のある脚部など、単調な感じはしないです。
胸部アーマーなどツヤありになっている反面、下の黒地のスーツはツヤ消しでメリハリ感があります。

IMG_254027828.jpg
ベルト《アークル》。中央部はクリアパーツ。モールドや塗り分けも細かい!

IMG_254027832.jpg
足裏。モールドパターンもしっかり彫刻されてますよ。




IMG_254027833.jpg
IMG_254027834.jpg
可動。胸部アーマーは上下で分割されているため、可動域が拡がる工夫が。
前屈のポーズの時には腹部のラインがきれいに整うので非常に効果的なギミック!

IMG_254027835.jpg
IMG_254027840.jpg
腕部。肩パッドは上腕部にボールジョイントで取り付け。
劇中スーツどおりならば、肩パッドは胴体部分に繋がっているはずなので、どうしても気になるものの、
ちゃんと腕部の色々なポーズに追従してくれる構造にはなっているので、違和感なし。
前腕パーツは単独でロール可動。肩口はボールジョイントでスイング可動。

IMG_254027841.jpg
IMG_254027842.jpg
脚部。スッキリしたデザインなので、干渉物も無く広く可動。
このスッキリしたデザインゆえに、股関節の可動軸の線は目立っちゃいますね。

IMG_254027843.jpg
ヒザ立ちも余裕。

IMG_254027844.jpg
付属パーツ。
ハンドパーツのみ。




IMG_254027847.jpg
IMG_254027849.jpg

IMG_254027850.jpg
IMG_254027853.jpg
IMG_254027858.jpg
IMG_254027852.jpg

IMG_254027861.jpg




平成ライダーとしては単調なデザインながら、アレンジも無く、直球で正解を導き出していて
このスケールながら、劇中スーツと見まごう造形に仕上げてしまうのはすごい。
シルエットは完璧に近いでしょう。
胸部アーマーなども、非メタリック塗装になって、玩具としては装着変身以来の風合いに好感触です。
付属パーツがハンドパーツのみと、前回の響鬼からは随分と少なくなった感じもしますが
他につけようが無いので仕方なし。。。




共通テーマ:キャラクター