So-net無料ブログ作成
紹介玩具のまとめページを作ってみました。
■聖闘士聖衣神話 ■超合金玩具 ■ガンダム ■仮面ライダー ■ウルトラマン ■その他ロボ ■その他フィギュア

ROBOT魂:[SIDE MA] ドラグナー3 [その他ロボット玩具]

IMG_254027965.jpg
魂WEB商店で受注発売された、ROBOT魂の『ドラグナー3』です。

カスタム化されたD1、D2とは違い、以前にも魂SPECで発売されていたD3。
魂SPEC : ドラグナー3
基本形状は魂SPECとほぼ同様ながらも、パーツのボリュームが上手く調整されていて
バリグナーとしても違和感の無い仕上がりになっているのが魅力です。




IMG_254027924.jpg
IMG_254027926.jpg
D-3全身像。所謂、電子戦用MAなので、頭部のレドームが特徴。
胸部が小型化してスマートになっているので、レドームも若干小さめにアレンジされていますね。
無機質に感じられる風貌も、上手く《バリグナー》としてまとまっていると思います。

IMG_254027927.jpg
IMG_254027928.jpg
頭部。円の外周のグレーのカメラは回転可動できるようになっていました。
また、頭部と胸部のカメラ部はクリアーパーツが多用されています。

アンテナ部分は根幹用の予備パーツが付属されていました。

IMG_254027931.jpg
腕部の可動。肩アーマーは独立可動。肩内部のアーマーは上腕部分と接続されているので
若干の可動の不自由感が。頭部レドームと干渉するので、肩パーツの可動域は制限がある感じです。

IMG_254027932.jpg
腹部は前後にスイング。背中に接続されているアンテナはボールジョイントで可動。

IMG_254027934.jpg
脚部の可動。股関節のスライドや、腹部の可動など他のドラグナーと同じ位の可動域。
D-3では本来フレームむき出しの太もも部は、上からボリュームのあるカバーパーツが被せられていて
プロポーションに違和感がないように処理されています。

IMG_254027935.jpg
フクラハギ部分にはふくらはぎ部分には《アサルトナイフ》を収納可能。

IMG_254027936.jpg
リフターの翼は畳んで、格納状態にも。翼に取り付けられたミサイルは取り外し不可でした。

IMG_254027939.jpg
リフター中央のノズルは下方に可動。




IMG_254027940.jpg
頭部を取り外して、首元から《リフター3》を取り外し可能。

IMG_254027942.jpg
IMG_254027943.jpg
ノーマルのD-3。カスタム化されて形状と性能が大きく変わったD1・D2と違い、
D-3のみ部分強化のみに留まって見た目の変化はないという設定。
見た目の変化が無いだけに文献によって色々書かれていますが、
プラモの解説書とかだと、リフターに戦線離脱用アフターバーナーが追加されたとか。。。




IMG_254027948.jpg
付属品。D-3には手甲のバルカンがないので
ハンドパーツのモールドがちゃんと無いように処理されていました。

IMG_254027946.jpg
IMG_254027947.jpg
《ハンドレールガン》
スコープは可動。マガジンは取り外し可能。実質、D-3唯一の武器といったイメージ。

IMG_254027949.jpg
フクラハギに収納されているアサルトナイフも持たせられるように。

IMG_254027950.jpg
股関節部分に《魂ステージ》用のジョイントパーツを取り付け可能。




IMG_254027952.jpg
IMG_254027953.jpg

IMG_254027954.jpg
IMG_254027955.jpg
IMG_254027956.jpg

IMG_254027961.jpg
D兵器勢ぞろい。
魂SPECでは果たせなかった、カスタム化されたD2を加えて。
コンセプトがはっきりしているだけに並べたときの、時代差を感じないのが何より良いです。
(魂SPECだとD2・D3の発売が遅すぎて、D1だけ素材が黄色変色しちゃっていたので…('A`) )

IMG_254027958.jpg
IMG_254027959.jpg
ドラグナー遊撃隊!
ROBOT魂:[SIDE MA] ドラグナー1カスタム
ROBOT魂:[SIDE MA] ドラグナー2カスタム




IMG_254027964.jpg
劇中ではしっかりと反則チートメカだったD-3も、他の2機に比べると
イメージ的にはサポートメカといった印象度が高いので、唯一、WEB品行きは仕方ないのかも。。。
とはいえ、3機揃えられたという満足感は大きいです。
電子戦らしくカメラの素材のクリアーパーツが惜しげもなく使用されているなど、チープ感は無かったです。
武装は少なめで寂しので、光子バズーカはフォローしてもらいたいです。



タグ:ROBOT魂