So-net無料ブログ作成
紹介玩具のまとめページを作ってみました。
■聖闘士聖衣神話 ■超合金玩具 ■ガンダム ■仮面ライダー ■ウルトラマン ■その他ロボ ■その他フィギュア

ROBOT魂:アルトロンガンダム [ガンダム完成品玩具]

IMG_315374097-3.jpg
ROBOT魂の『アルトロンガンダム』です。

TV版ガンダムWの各ガンダムがROBOT魂で揃いそうなので購入。
特徴的なドラゴンハングも延長パーツで更に伸ばすことができる等
EW版でのイメージを継承したアクションも楽しめるのは魅力です。




IMG_315374076.jpg
IMG_315374077.jpg
アルトロンガンダム(TV版)全体像。シェンロンガンダムの強化型のアルトロンガンダム。
シェンロンガンダムのガンプラの余剰パーツを無理矢理デザインに落とし込んだデザインが
カッコ悪い印象を与える印象が強かったですが、ROBOT魂では機能的なギミックが
盛り込まれたことでプロポーション的にもバランスよくまとまってます。
脚部の白色は濃淡で塗り分けられています。




IMG_315374079.jpg
IMG_315374080.jpg
肩の付け根はボール軸可動。両腕で畳まれたドラゴンハングは肩付け根部分でも
可動軸があるので多少横スイングできるようになってます。
前腕部もクローが取り付けられた部位でロール可動。
胸部はダクト部分あたりで前後スイング可能。
腰のフロントとサイドのアーマーは基部でボールジョイントで可動。
シールドが取り付けられた箇所も上方に上がるよう可動します。
頭部デザインの影響で首周りの可動はかなり窮屈。

IMG_315374081.jpg
IMG_315374082.jpg
脚部。ヒザ関節の可動時に内部からカバーが露出し、自然なラインになります。
関節の固さは柔らかめ。くるぶし部の外装が独立可動し、ソール部はつま先にロール軸があり
開脚時の接地性は良好。

IMG_315374083.jpg
IMG_315374084.jpg
背中のウイングロール可動。中間部でさらに広がるようになってます。
左のウイングにはツインビームトライデントの柄を装着可能。
ビームキャノンも節の部分で4つ可動軸があります。

IMG_315374085.jpg
肩の内部に畳まれた《ドラゴンハング》は伸ばして展開。
節の接続部は小軸のボールジョイントで接続されてます。先端の龍の口も開口可能。




IMG_315374104.jpg
オプションパーツ。

IMG_315374088.jpg
IMG_315374089.jpg
《ツインビームトライデント》。
持たせるための角度の付いた専用のハンドパーツも付属。ビーム刃は槍状のタイプも付属。

IMG_315374090.jpg
シールドは取り外して専用のハンドパーツで持たせることも可能。

IMG_315374091.jpg
IMG_315374092.jpg
ドラゴンハングは各節の間に延長パーツを挟むことで更に伸ばすことができます。
延長パーツは左右分付属してました。
通常の長さと、延長パーツを使った場合の長さは龍の頭一つ分ほどの差。

IMG_315374087.jpg
IMG_315374086.jpg
バックパックの下部に《魂ステージ》用のジョイントパーツを取り付け可能。
ジョイントパーツをつけっぱなしで写真を撮り続けてしまって嫌になる。




IMG_315374093.jpg
IMG_315374094.jpg
IMG_315374095.jpg

IMG_315374099.jpg
IMG_315374096.jpg

IMG_315374102.jpg
IMG_315374098-2.jpg
IMG_315374100.jpg

IMG_315374101.jpg




TV版のアルトロンガンダムが立体化されることが稀で、
今回のROBOT魂版では、ギミック的にここまで昇華できるのかと驚きがあったフィギュアでした。
頭部は可動域に制限があったり、腕のドラゴンハングも節の接続部がABSなので
延長パーツを何度も抜き差ししている間にユルくなってしまうので、そこが難点。



共通テーマ:キャラクター