So-net無料ブログ作成
紹介玩具のまとめページを作ってみました。
■聖闘士聖衣神話 ■超合金玩具 ■ガンダム ■仮面ライダー ■ウルトラマン ■その他ロボ ■その他フィギュア

スーパーロボット超合金 : 真ゲッター1 OVA版 [超合金玩具]

IMG_254027859.JPG
スーパーロボット超合金の『真ゲッター1 OVA版』です。

原作マンガ・スパロボ版・OVA版と登場作品によっては、ゲッターの形状や武器すらも異なりますが
今回スーパーロボット超合金で立体化された真ゲッター1は、
OVA「真(チェンジ)ゲッターロボ世界最後の日」版での、異様に太いプロポーションの真ゲッター。
巨大感を演出するために通常より、本体サイズが大きめになってました。




IMG_254027818.JPG
IMG_254027821.JPG
設定画での、頭部の小ささに対して体のボリューム概要に太いといったバランスの再現のために
通常のスーパーロボット超合金よりも一回り大きめのサイズになっていました。
大きいサイズになったことで、パーツ内部に収納された、引き出し式関節もあり、全身の可動範囲は広めです。
本体カラーホワイトとレッド部分は若干パール調の色合い。緑色のラインはクリアーパーツになっています。

IMG_254027823.JPG
IMG_254027826.JPG
背中に《ゲッターウイング》を取り付けた状態。
バトルウイングパーツも大きめなので全身のサイズがとんでもないことに。

IMG_254027828.JPG
ウイングの基部は球体ヒンジで可動。また、ウイング基部と背中の凹凸は
《クロスオーバージョイント》規格で、同じジョイント形状のパーツを接続が可能です。

IMG_254027829.JPG
頭部の可動は、首もとのパーツがスライドして大きく可動。
頭部自体も小径のジョイントで若干可動しましたが、実際は首もとの可動に頼ることが大きいです。

IMG_254027832.JPG
腹部は内部の多重関節で前後に大きく可動。ただ、屈伸時には背中部分に隙間が出来やすいようです。

IMG_254027834.JPG
IMG_254027835.JPG
胴体側に内蔵されたジョイントを引き出しで、肩の可動が大きく広がり、胸部前方まで動かせます。
ヒジ関節は筒状の肩の下側も動きます。ヒジ関節のジョイントも《クロスオーバージョイント》規格。

IMG_254027836.JPG
脚部。ヒザ関節は1軸可動で120度ほど可動。股関節・足首関節は下方にスライドして
可動範囲を広げられます。




IMG_254027840.JPG
付属品。手持ち武器のチョイスは、人によっては物足りなさがあるかもしれないです。

IMG_254027841.JPG
《ゲッタービーム用腹部パーツ》
腹部前面のパーツを取り外して、ゲッタービームの発射口のあるパーツに差し替え。

IMG_254027846.JPG
《ゲッターサイト》
ほとんど號が搭乗したときのみ使用していた気が。
専用の持ち手で柄のパーツを保持しますが、片手もちの場合は、鎌の刃が偏芯して手元で回転しがち。
はやりゲッターというと、トマホークというイメージが強くて。。。

IMG_254027847.JPG
尻の部分に《魂ステージ》用のジョイントパーツを接続可。
撮影時には聖闘士聖衣神話用のディスプレイアームしかなかったですが。。。一応、こっちも接続可能。




IMG_254027851.JPG
IMG_254027857.JPG

IMG_254027861.JPG
IMG_254027864.JPG
IMG_254027865.JPG




商品名が「OVA版」なので、OVA限定のゲッターサイトが手持ち武器として封入されているのは
ある程度は納得できますが、これのみというのはハッキリ言って物足りないです。
真ゲッター1というと、印象的な武器・技は巨大なトマホークと必殺技のストナーサンシャインだと思いますが
これらが別売りのWEB受注品となってしまったのが悔やまれます。

可動部も優秀でなのですが、ポーズの選択肢が狭くて何をしたらいいのか困ったところも。
評価でいったら、本体は良くても、付属品で大きくマイナスになってしまってます。




共通テーマ:キャラクター