So-net無料ブログ作成
紹介玩具のまとめページを作ってみました。
■聖闘士聖衣神話 ■超合金玩具 ■ガンダム ■仮面ライダー ■ウルトラマン ■その他ロボ ■その他フィギュア

ULTRA‐ACT : ウルトラマンエース [ウルトラマン関係]

IMG_0135.JPG
ULTRA‐ACTの『ウルトラマンエース』です。

初版販売時くらいの頃はウルトラアクトの人気が激高していて手に入らず
時期を見送って再販時に購入。人気の高さに疑いなく造形面の完成度は満足です。
個人的には割とウルトラ兄弟で一番影が薄めなのがエースでしたが、
アクションフィギュアを手にして魅力を再発見することもできた感じ。




IMG_0098.JPG
第一印象では、若干、頭部が大きいかな?と感じましたが、実写の着ぐるみを見ても
プロポーションはそんなに変わらなかったので再現度は高めだと思います。
肩周りの可動は胸部のプロテクター(?)に干渉気味で、脚部も股関節周辺が窮屈な気もしますが、
極端なポーズをとらせない前提ならば不自由がない感じです。

IMG_0104.JPG
付属品。

IMG_0107.JPG
《カラータイマー》は、パーツ交換で《青と赤》を選択できます。

IMG_0111.JPG
背中部分に2箇所カバーパーツがあり、上部分は別売りのブラザーズマント装着用の穴。
下部分は《魂ステージ》などの接続ジョイントを装着できます。
毎度おなじみになってきたジョイントギミックですが、エースでは位置的にカバーを取り外ししにくいかも。

IMG_0145.JPG
ブラザーズマント装着。
エースといえば、初登場時の第一声が偉そうでがっぺむかつくのと
戦闘時のうんこもらしそうな唸り声と
北斗が言うことは信用されなさすぎなのが子供ながらに空しいと思ってた。。。




IMG_0120.JPG
《メタリウム光線エフェクト》
放送当時のフィルムだと結構ギラついた光線色だと思っていましたが、
エフェクトパーツは色数が少なめな気も。メビウスの客演時に見たときはこんな感じだったのかなあ・・・?
光線パーツにハンドパーツが付いているので、本体への装着には手首の部分から交換。

IMG_0123.JPG
ぐわ!
IMG_0126.JPG
IMG_0122.JPG
発射する際の腰のひねりがお気に入り。
以前持っていた、ウルトラ超合金のエースは肘があまり曲がらなくて
メタリウム光線のポーズができなかったからなぁ。。。ウルトラアクトでようやく念願叶った感じ。

IMG_0129.JPG
IMG_0131.JPG
《エースブレード》
専用のハンドパーツに差し込んで持たせます。独特な持たせ方。

IMG_0133.JPG
《バーチカルギロチンエフェクト》
三日月状のエフェクトの両端にハンドパーツがついています。見た目のインパクトの大きさとは裏腹に
エフェクト自体がプラパーツで柔軟性がないため取り付けが結構メンドイ。。。
装着時は腕部の微妙なポジション合わせが必要でした。

IMG_0138.JPG




IMG_0141.JPG
IMG_0142.JPG

IMG_0143.JPG
IMG_0144.JPG
エフェクトはウルトラマンから拝借。
http://oniityan.blog.so-net.ne.jp/2014-04-03




造形面では、独特なプロポーションのエースの再現度は高いかと思います。
他のウルトラ兄弟と並べたときに一際完成度が高めに感じるところもありました。

付属品の点数も概ね満足はしていますが、「光線技のエース」という異名があるだけに
光線エフェクトが少なめに感じてしまうところも。。。
エースの最大技の「スペースQ」のパーツは、別売りのエースキラーに付属しているという背景もあり、
エース単品では物足りなさを感じてしまいますね。(むしろエースキラーのほうがエフェクトが多めという。。。)
今回のエースのエフェクトパーツは使用時には両手がふさがってしまうものばかりなので
一つだけでも、片手で演出できるエフェクトがあってもよかった気もします。




共通テーマ:キャラクター