So-net無料ブログ作成
紹介玩具のまとめページを作ってみました。
■聖闘士聖衣神話 ■超合金玩具 ■ガンダム ■仮面ライダー ■ウルトラマン ■その他ロボ ■その他フィギュア

聖闘士聖衣神話EX : ドラゴン紫龍 (新生青銅聖衣) [聖闘士聖衣神話EX / 皇級 / 伝説]

IMG_0144.JPG
聖闘士聖衣神話EXの『ドラゴン紫龍 (新生青銅聖衣)』です。

カラーリングではようやく正解と思える新生青銅ドラゴンになっていて、
従来の青銅聖衣のアイテムと同様、ブロークン聖衣パーツとの換装ギミックもあり、
見た目やプレイバリューでは一皮向けた印象はあります。

可動面では、若干、他の神話EXの水準に満たないところも数点あり、
個人的には何かちょっと違う感じもチラホラ。
無印神話版では最も初期に発売された新生聖衣ドラゴンなので、リニューアル版としてみれば
単体としては完成度は高いものだと思いました。




IMG_0002.JPG
EX紫龍素体。
手に取ってみての個人的な第一印象では、首と股関節がユルすぎて切ない思いが。。。

股関節にはEXスコーピオンミロの記事で行った補強をしてありますが、
首は補強策が思いつかず、常に後ろ髪の重さに負けてしまっています。
http://oniityan.blog.so-net.ne.jp/2013-10-15

聖衣の形状にあわせてスネ部分が長めの新規パーツになって、身長も高くなっているっぽいですが
若干、O脚気味な感じも。この新規パーツの影響か、足首パーツ接続のの凸ピンも抜けやすい感じでした。

聖衣装着!

IMG_0010.jpg
聖衣のカラーリングは無印神話版のものより設定寄りの深い色合いになっています。
http://oniityan.blog.so-net.ne.jp/2009-08-02

五戦士集結版では正解なカラーリングだったものの、合金とプラパーツとのメッキの光沢さの違いで
妙にギラついた感がありました。神話EXでは緑色部分の外装の殆どが合金製になったおかげで
色の統一感が生まれていました。
http://oniityan.blog.so-net.ne.jp/2008-02-15

破損防止で軟質パーツだった、マスクやバックルの突起も、プラパーツや合金パーツとなっていたり
胸部プレートなど程よく隆起していてメリハリがつき好印象。安っぽい印象は感じられませんでした。

IMG_0011.jpg
長い後ろ髪は1パーツ構成で部分可動の分割も無い為、聖衣の肩パーツとの干渉で殆ど頭部の可動が活かせません。
ドラゴン聖衣のパーツ構成上、これまでのシリーズの分割のように胴体の襟元に肩パーツを装着するのではなく、
背中から伸びた龍の爪に肩アーマーを引っ掛ける方式なので、他のEXのような内部多重関節も無く
頭部の可動を逃すスペースを作るには取り回しの不自由さがあるようです。

IMG_0066.JPG
後ろ髪で隠れて背中のパーツ構成がわからないので頭部を外した画像を。【画像:左】

ドラゴン最強の盾と、右腕部のドラゴン最強の拳はこれまでのものより大型化されて、
いかにもといった力強さを感じられる造形に。【画像:中・右】
いままでが小さすぎた。というのもありますが、大型化に伴いアクション時の演技力が増すのでありがたいです。




IMG_0032.JPG
IMG_0035.JPG
フェイス部。交換フェイスは《通常・叫び・閉眼・閉眼叫び》の4種類付属していました。
紫龍といえば閉眼フェイスではあるものの、メーカーはもうその一択のみに捉われるのは止めたほうがいいと思うのですが。
眼に包帯を巻いた顔や視線変更でもカードはいくらでもあるのですし。

IMG_0015.JPG
IMG_0016.JPG
マスク非装着のフェイス。
発売前のサンプル写真では、微妙さが感じられた顔も、製品版ではいくらかマシなイケメンになっていて安心しました。

今回は頭髪の影響で頭部可動が制限され、前髪も見栄えの良い角度が限定的になるので、視線は常に一方向。
頭髪といえば、そろそろ逆鱗に触れた怒髪天パーツなどあっても良いと思うんですが。。。。




新生ドラゴン聖衣オブジェ

IMG_0173.JPG
展示には非常に安定した作りです。パーツレイアウトも、どのパーツがどこにあるか解りやすい聖衣だと思います。
オブジェでは、マスク部分(龍の頭部)の組み立てが説明書ではやや不親切なところもありました。
龍のヒゲ部分で細かくオブジェフレームが分解してから、マスクの接続をしたほうが破損の心配もなさそうです。

IMG_0176.JPG
IMG_0179.JPG
IMG_0180.JPG
IMG_0181.JPG
手甲は台座の下部に。




ブロークン聖衣に換装。
聖衣が破損した状態を再現する、ブロークンパーツも付属していました。

IMG_0098.JPG
IMG_0101.JPG
もっとも、紫龍は盾が使い物にならなくなるか、小宇宙の高まった時点で聖衣を脱ぎ捨ててしまう子なので
ここまで全身の聖衣が破損するのはレアな姿なんでしょうけど。。。。
破損されやすい(?)最強の盾など一部パーツは色々と劇中再現に役立ちそうなんでありがたさはありますね。

IMG_0102.jpg
ブロークンの足首パーツには間違えがあります。つま先の黒い部分は聖衣の分解図では
アンダーウェアの一部であって、聖衣の装甲部ではないためヒビ割れていてはダメです。
五戦士集結版やPowerOfGoldなど、無印神話版のリペイント品ではつま先も聖衣色で塗られ続けていた為、
こういった間違えがあるのは定番になりつつある気も。。。。




新生ドラゴン聖衣オブジェ形態(ブロークン状態)

IMG_0185.JPG
IMG_0186.JPG
IMG_0187.JPG
IMG_0189.JPG
ブロークンオブジェも組み立て方法は通常のものと変わらず。




IMG_0087.JPG
IMG_0082.JPG

IMG_0148.JPG
IMG_0166.JPG

IMG_0111.JPG
IMG_0124.JPG
IMG_0129.JPG

ドラゴン紫龍聖衣分解図.jpg




発売決定が10周年カラーの神聖衣の発表付近と被ってしまい、注目度では不遇な印象はありましたが
そうでなくとも、他の神話EXと比較しても総合的な完成度では恐らくEX水準を満たしていないのでは?
と、思えてしまう点が多数感じられました。

元々、付属品の類には恵まれない紫龍ではあるものの、
師弟の連動を歌って発売されたドラゴンの次回作のライブラでは、黄金各キャラの武器の持ち手が
付属していたのに、ドラゴンではスルーされてしまう不思議。
紫龍にライブラの武器を持たせることすら出来ないとは思いもしませんでした。。。
この期を逃して何時、青銅の武器持ち手を付ける気なのだろう?と思ってしまいます。

いままでであれば、紫龍といえば《閉眼フェイス》だけ付属してあれば良いだろうといったところは
神話EXでも継承されていますが、他のアイディアも欲しかった気もします。

動かしていて最も違和感を感じてしまったのが、頭髪。長髪であるのに無表情の1パーツでは。。。
アクション時の躍動感も感じられず、ポーズをつけて遊んでいても常にコレジャナイ感が。
他のキャラでは交換用の頭髪パーツが数種類付属することもあるのに何で?と思ってしまいました。

感覚的には、ギミックや付属品から驚きや満足感が幾つかは感じられた神話EXでも
今回の紫龍だけは、弄る度に不満がでてしまい楽しく遊べないものに感じてしまいました。




共通テーマ:キャラクター