So-net無料ブログ作成
紹介玩具のまとめページを作ってみました。
■聖闘士聖衣神話 ■超合金玩具 ■ガンダム ■仮面ライダー ■ウルトラマン ■その他ロボ ■その他フィギュア

マスターグレード : ガンダムデスサイズ EW(エンドレスワルツ) [ガンダムプラモ]

IMG_0012.JPG
最近ガンプラ熱が急上昇してまして、久しぶりにプラモを作ってみました。

ガンダムエースで連載中の《ガンダムWエンドレスワルツ敗者たちの栄光》でも
主役機(?)としてピックアップされている、『MGガンダムデスサイズEW』です。

EW(エンドレスワルツ)版と称されていますが、
モデラーとしては、《アーリータイプ》と呼んだほうがしっくりくるような気もします。
このアーリータイプは、各種ガンダムの中でもひときわ思い入れの強い機体でもあります。

今まで、ガレージキットで改造パーツが発売されていましたが、
プラモデルでアーリータイプが発売される日がこようとは…。





IMG_0001.JPG
今回、目の部分などを塗装し、あとは各部、若干のスミ入れのみで完成させました。
カトキ氏の画稿と比べてみても、違和感のないプロポーションで完成度は高いプラモデルですね。

IMG_0002.JPG
このガンダムW(EW版)のプラモには、《XXXGフレーム》といった、
共通のフレームの上に外装を被せていく形になっています。
後に発売された、シェンロンガンダムやデスサイズヘルも同じフレームが採用されてます。

その共通フレームを使用しているせいか?若干、肩付け根の間接部位が、
このデスサイズでは外れやすい設計になっていると感じました。

一緒に作ったシェンロンガンダムでは、そういったことがなかったのですが…。
肩アーマーの形状のせいかな?

IMG_0003.JPG
デスサイズの主武装の《ビームサイズ》
ビーム刃の部分は、結構肉厚なパーツになっていて、取り付けると見た目以上に重くなります。

ビームサイズ自体は、手首のピンに固定されて比較的しっかり持てるように設計されているのですが、
ビーム刃をつけると、ピンから外れやすくポロリしやすいかも。

IMG_0005.JPG
ビームサイズは専用のアタッチメントをバックパックに装着し、背負わせることができるようになっています。

IMG_0007.JPG
《バスターシールド》
クロー部分はギアで連動開閉するようになっています。
ビームサイズのビーム刃同様、バスターシールドのビーム刃も結構、肉厚です。

IMG_0008.JPG
アクション性は、プラモっぽくも無難な感じ。
普段、完成品のアクションフィギュアばかりいじっているせいか、
若干物足りない可動範囲だと思ってしまいましたが。

IMG_0010.JPG
付属していた、《マーキングシール》《ガンダムデカール》は貼りませんでした。
自分にとっては、ニュータイプ誌、または映画のパンフレットに掲載されたイラストが至高だと思っているので
何もマーキングしないプレーンな状態が一番です。
けっして、手を抜いているわけじゃないぞ(笑)

にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村

ランキング登録してます。気が向きましたら押してくださいな( =ω=)


MG 1/100 XXXG-01D ガンダムデスサイズ EW (新機動戦記ガンダムW Endless Waltz)

MG 1/100 XXXG-01D ガンダムデスサイズ EW (新機動戦記ガンダムW Endless Waltz)

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー




新機動戦記ガンダムW ENDLESS WALTZ 敗者たちの栄光 (1) (角川コミックス・エース 241-2)

新機動戦記ガンダムW ENDLESS WALTZ 敗者たちの栄光 (1) (角川コミックス・エース 241-2)

  • 作者: 小笠原 智史
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/03/26
  • メディア: コミック




共通テーマ:キャラクター