So-net無料ブログ作成
紹介玩具のまとめページを作ってみました。
■聖闘士聖衣神話 ■超合金玩具 ■ガンダム ■仮面ライダー ■ウルトラマン ■その他ロボ ■その他フィギュア

聖闘士聖衣神話EX : タウラスアルデバラン(神聖衣) [聖闘士聖衣神話EX / 皇級 / 伝説]

IMG_0081.jpg
聖闘士聖衣神話EXの『タウラスアルデバラン(神聖衣)』です。

アニメ「黄金魂」で神聖衣に変化した牡牛座の黄金聖衣。
神聖衣も、巨体のアルデバランを包むだけあって、ボリューム感はシリーズナンバーワン。
定価ベースの価格も恐ろしいことに。。。

初回購入特典で「黄金十二星座 煌く小宇宙スクリーン」が封入されていました。




IMG_0048.jpg
神聖衣版アルデバラン素体。シリーズ唯一のアルデバラン専用素体はノーマル版とほぼ共通。
重量のある聖衣パーツを装着する関係で、素体の関節強度はガチガチで頼もしい。

聖闘士聖衣神話EX : タウラスアルデバラン

IMG_0049.jpg
聖衣装着。
装着するパーツ点数はさほど多くはないものの、一つ一つが肉厚の合金パーツなので
マイス基準で考えると規格外の重量。キャラクター性を損なわない感覚を味わえますね。
頭部は胸部アーマーに埋まり気味。

IMG_0052.jpg
背中の羽パーツはプラ製。
聖衣装着時の本体が重いので、背負い物があっても自立に問題なし。
聖衣のカラーは濃い目の金色の面が多いので見た目の重厚さも増していますね。

IMG_0054.jpg
IMG_0056.jpg

IMG_0057.jpg
IMG_0058.jpg

IMG_0059.jpg
ノーマル版と比較。
こうしてみるとノーマル版と比べて、神聖衣は形状・色共にノーマル版の面影はほとんどなし。
マスクの角パーツは接続部の形状が異なってます。
そのため、劇中で折れた角の箇所のみ神聖衣が発現した状態の再現は不可。
キャンサーでは再現可能だっただけに、ちと残念。




IMG_0061.jpg
IMG_0062.jpg
肩と腰部分のアーマーは多重関節で各部可動。
肩と腰のアーマーの内側は素体との空間が広めで、パーツ干渉もなく、
見た目よりも可動域は広いです。

IMG_0074.jpg
背中の基部に、羽パーツを差し込み。丸い基部部分で上下・外側に可動。




IMG_0060.jpg
付属パーツ。
ノーマル版にはあった、ライブラの武器の持ち手は無し。

IMG_0063.jpg
IMG_0064.jpg
フェイス部。
交換フェイスパーツは《通常・閉眼・叫び顔・笑い顔・閉眼(微笑)》の5種類付属していました。
ノーマル版で付属していた「目元の暗い顔」は今回は付属せず、
代わりに眼(微笑)のフェイスが新規パーツで付属。

IMG_0065.jpg
IMG_0066.jpg
メット無しのフェイスも。
黄金魂じゃアルデバランの頭髪は紫色でしたが、色はノーマル版と一緒。

IMG_0073.jpg
後ろ髪のパーツは新規パーツ。背中の羽に干渉しないようにRがついた形状に。

IMG_0088.jpg
IMG_0089.jpg
IMG_0091.jpg
IMG_0092.jpg
ノーマル版と比較。
アイプリントの変更で神聖衣版は目の輪郭がハッキリしていますが、フェイスの形状は変わりなし。




IMG_0075.jpg
胸部のプレートパーツは《大・小》のタイプに交換式。
小さいタイプは腕組み時に使用。

IMG_0076.jpg
腕組み用の腕部の取り付けは、標準の腕部を肩ジョイント部分から抜き取り、【画像左】
腕組み用のポーズ固定された腕部を左右分肩ジョイントに取り付け。【画像右】

IMG_0079.jpg
ノーマル版と同じギミックだけど、腕組みパーツは手抜き感もなく、ちゃんと神聖衣の形状になってます。
アルデバラン素体は肩関節で1軸可動部が増えているため
パーツに負担をかけずに腕組みポーズ付けができますね。
腕組み用の腕部に取り付けてある手首も受け軸の形状は本体側と同じなので交換も可能。

IMG_0093.jpg
聖衣の背中のジョイント形状が同じなので、ノーマル版に付属のマントも装着可能。
肩アーマーが大きすぎて、アンバランス感がハンパない。ちょっと小さい感じです。

IMG_0094.jpg
IMG_0096.jpg
別売りの神台座にセッティング。
アリエスムウ神聖衣(初回版)に付属のメッキシンボルをセット。

聖闘士聖衣神話EX : アリエスムウ(神聖衣)

IMG_0097.jpg
タウラスの聖衣分解装着図も付属してます。
初回版レオアイオリアに付属している、《聖衣分解装着図専用バインダー》にファイリングできます。

聖闘士聖衣神話EX : レオアイオリア(神聖衣)




IMG_0104.jpg
初回購入特典で封入されていた「黄金十二星座 煌く小宇宙スクリーン」。
今回はその第2弾。

IMG_0098.jpg
IMG_0099.jpg
第2弾で封入されている星座は、タウラス・バルゴ・アクエリアス・レオの4種。
素材は紙に印刷されたもので折りたたんで完成。星座の部分は金の箔押しになってます。




IMG_0085.jpg
「たぎれ!我が小宇宙よ!」

IMG_0087.jpg
IMG_0080.jpg
黄金魂はロストキャンバスでのキャラ設定が追加された黄金聖闘士がいるけど、アルデバランもその一人な気も。
敵に教育的指導してるとことか。

IMG_0082.jpg
IMG_0084.jpg
「グレートホーン!」

身内にかませ犬認定されたり、作画崩壊ばかりで散々な人。。。




タウラスの神聖衣オブジェ形態

IMG_0106.jpg
深々と前傾姿勢になって、いかにも突進してくる猛牛といった雰囲気。
パーツレイアウトは簡素なものの、オブジェフレームを細かく分割しないと
聖衣パーツを組み込めないので、作業がちとメンドイ。

IMG_0107.jpg
IMG_0105.jpg

IMG_0109.jpg
IMG_0108.jpg
牛の頭部は覗きこまないと見えにくい感じ。

IMG_0110.jpg
オブジェの腹部にクリアーの補助スタンドを置くようになってます。
スタンドがないとオブジェの自立が難しいです。

ベース部分には牡牛座のシンボルが刻印。

IMG_0111.jpg
側面の羽パーツを外した状態。オブジェ形態での羽パーツの基部はオブジェフレーム。
本体に取り付けるの羽は内部に格納。

IMG_0112.jpg
ノーマル版のオブジェと比較。神聖衣は肩パーツと羽のボリュームで大きく見えます。




ボリュームが増した神聖衣パーツと、巨漢のアルデバランの組みあわせだけあって
定価はシリーズでも抜けた設定に。。。
アニメでも扱いが割と優遇されていたアルデバランなので、価格相応の満足感があります。
これでチョイ役だったら、納得できない価格設定に感じてしまったかも。。。

価格に見合うだけ造形面も優れています。
可動も専用素体が用意されているだけあって、他の神聖衣のフィギュアと同等並みの可動域もあり、
ノーマル版のタウラスが抜けた完成度だったこともあって、
同等のギミックを備えている神聖衣でもソツのない完成度になってます。




共通テーマ:キャラクター