So-net無料ブログ作成
検索選択
紹介玩具のまとめページを作ってみました。
■聖闘士聖衣神話 ■超合金玩具 ■ガンダム ■仮面ライダー ■ウルトラマン ■その他ロボ ■その他フィギュア

聖闘士聖衣神話EX : ペガサス星矢 新生青銅聖衣 ~ORIGINAL COLOR EDITION~ [聖闘士聖衣神話EX / 皇級 / 伝説]

IMG_0229.JPG
PS3用ゲームソフト《聖闘士星矢 ブレイブ・ソルジャーズ 限定版ペガサスBOX 》に同梱されていた
聖闘士聖衣神話EXの『ペガサス星矢 新生青銅聖衣 ORIGINAL COLOR EDITION』です。
http://seiya-bs.bngames.net/special/index.html

無印神話ではおなじみのOCE。
所謂、原作カラーバージョンが聖衣神話EXでもついに展開が始まりました。




IMG_0135.JPG
外箱の中に収納されている、聖衣神話パッケージ。
同じくゲームソフトの同梱版だった《LIMITED GOLD》と似たデザイン。
http://oniityan.blog.so-net.ne.jp/2013-10-14

IMG_0140.JPG
EX星矢素体。
アンダーウェアが原作準拠のホワイトになっています。
通常版では素体の一部が素材によって色合いが統一されていませんでしたが、今回は全く問題なしです。
http://oniityan.blog.so-net.ne.jp/2013-07-21

IMG_0148.JPG
IMG_0150.JPG
フェイスパーツは《通常・食いしばり・叫び・閉眼》の4種類付属していました。
毛髪のカラーとアイプリントが通常版とは異なっています。




聖衣装着!

IMG_0173.JPG
第一印象で違和感があったのは、メーカーの商品サンプル画像との聖衣のカラーの違い。
サンプル画像では無印神話のペガサス最終青銅OCEのような 薄いホワイトブルーの聖衣だったのですが、、、
http://oniityan.blog.so-net.ne.jp/2009-10-05
実際の色はこれより遥かに濃いブルー。
サンプルとは明らかに違いすぎていますが、コミックの表紙を確認しても、
この濃いブルーは原作版としては正しいカラーなのかと。

IMG_0176.JPG
形状やギミックの変更はないものの、通常版よりかはパーツの固定が体感的に甘くなっていた気も。

IMG_0191.JPG
IMG_0199.JPG
背中のカバーパーツを外して、オブジェ用のジョイントに差し替えると、
翼を展開した姿にするギミックも通常版と同様。

IMG_0178.JPG
IMG_0183.JPG
聖衣のマスクパーツを装着した状態のフェイス部の画像も一応。




新生ペガサス聖衣オブジェ形態

IMG_0234.JPG
カラーリングがブルー1色になり、アクセントとなる色もないため、若干地味な印象。

IMG_0236.JPG
IMG_0238.JPG
IMG_0242.JPG




ブロークン聖衣に換装

IMG_0250.JPG
通常版同様、聖衣が破損した状態を再現する、ブロークンパーツも付属。
聖衣の色が濃くなった分、ヒビ割れ部のスミイレ箇所が目立たなくなった感じはしました。

IMG_0252.JPG
無印神話の新生ペガサスブロークンOCEと比較しても、色の差はやはり違います。
http://oniityan.blog.so-net.ne.jp/2011-02-12




新生ペガサス聖衣オブジェ形態(ブロークン状態)

IMG_0265.JPG
IMG_0267.JPG
IMG_0268.JPG
IMG_0270.JPG




IMG_0203.JPG
IMG_0204.JPG
IMG_0225.JPG
IMG_0219.JPG
IMG_0257.JPG
IMG_0261.JPG




EXでは初となるOCEですが、元となる新生青銅星矢そのものが完成度が高く、
特にそこから劣化した部分も殆どないため不満は特にありませんでした。

原作版カラーにリペイントされた聖衣は、サンプル画像とは色合いが違っていたために
開封時になんともいえない違和感がありましたが、いざ手にとって弄ってみると
思いのほか見慣れた色の聖衣色に思えてくる不思議。
知らず知らずに脳裏に焼きついていた色なのかも。

ただ、ゲーム内でプレイできるOCEカラー星矢はパッケージサンプルのような薄いホワイトブルー聖衣で
一応はゲーム内キャラとリンクしたフィギュアということなので
商品形態としてはどちらが正しい原作カラー調なのかは言えない気もしつつ。。。

今後のOCEは黄金聖闘士はイベント限定でリリースされていくようですが、
今回の星矢はゲームソフトに同梱されたものだったので、残りのブロンズが
どういう販売方法で展開しているかは気になるところです。




共通テーマ:キャラクター