So-net無料ブログ作成
検索選択
紹介玩具のまとめページを作ってみました。
■聖闘士聖衣神話 ■超合金玩具 ■ガンダム ■仮面ライダー ■ウルトラマン ■その他ロボ ■その他フィギュア

聖闘士聖衣神話: ドラゴン紫龍 神聖衣 ‐10th Anniversary Edition‐ [聖闘士聖衣神話:聖闘士]

IMG_0063.JPG
聖闘士聖衣神話シリーズの10周年を記念して発売されることになった
『ドラゴン紫龍 神聖衣 ‐10th Anniversary Edition‐』です。

過去にリリースされた通常版・OCE版で問題があった、パーツの保持力などが
改修されていて、遊ぶ際のストレスが劇的に無くなっていました。
http://oniityan.blog.so-net.ne.jp/2010-03-28
http://oniityan.blog.so-net.ne.jp/2010-09-20




IMG_0003.JPG
10thドラゴン神聖衣パッケージ。ペガサスと同じくオブジェを前面に配置した図柄。

IMG_0014.JPG
紫龍素体。アンダーウェアなどカラーはアニメ版神聖衣のフィギュア素体と同様。
3rd素体の股関節が調整されて、聖衣装着時でもシッカリとした固さを感じられました。

IMG_0027.JPG
フェイス部。
通常顔の他に、10th版では新たに《叫び顔》のパーツが付属していました。

通常版・OCE版では塗装されていたフェイス部・首の肌色が成型色となり、
アイプリントもグリーンになる変化が。




聖衣装着!

IMG_0050.JPG
聖衣のメインカラーであるグリーンが3色の濃淡で変化がつけられ、立体感を強調した配色に。
一番薄いグリーンの部分で、通常版のカラーと同じ色合いで、ゴールドのエングレービングが
映える彩色になっていました。

IMG_0052.JPG
固く調整された股関節のおかげで、普通に素立ちさせておく分には支障ないですが、
トップヘビーな聖衣の形状のため、可動ポーズをさせたときはヒザ関節に負担がかかり気味。

IMG_0111.JPG
髪パーツや背中の羽が干渉して、頭部は殆ど動かないのは変化無し。
とはいえ、普通に立たせて飾っておくだけでも存在感があるキャラクターなので
個人的には問題ないです。

IMG_0078.JPG
マスクは、《アニメ版と原作版》の2種類付属。
画像はアニメ版マスク。

IMG_0080.JPG
原作版マスクでは後頭部に尾が伸びている形状。
尾のパーツはBJで可動させることができます。

IMG_0106.JPG
通常版・OCE版では、盾のパーツの保持力が全く無く、ドラゴン神聖衣の一番のストレス部でしたが、
10th版では、新規パーツにて盾の接続部の形状が変わり、盾を付けたまま手首交換しても
ポロリが無いなど、ガッチリと固定することができていました。

ここは一番評価が高い部分かもしれません。




IMG_0073.JPG
IMG_0100.JPG
IMG_0105.JPG
IMG_0123.JPG
通常版やOCE版と同様、エクスカリバーや百龍覇用のハンドパーツが付属していましたが
頭部や腰が動かないなど、可動部位の狭さは旧製品なのでしかたない気も。




ドラゴンの神聖衣オブジェ形態

IMG_0125.JPG
IMG_0126.JPG
IMG_0129.JPG
IMG_0130.JPG
IMG_0132.JPG
オブジェもカラーリング濃薄のメリハリがついて、立体映えするように。
これを見てしまうと通常版のカラーが薄すぎたのでは?という印象さえ持ってしまいます。





10thドラゴンでは通常版・OCE版でイライラだった不満点が改善されていて非常に高評価でした。
メーカーのアナウンスでは、カラーリングや新規パーツなど見た目だけの追加要素を伝えていただけですが
既存のパーツに細かな調整がはいったことは事前情報がなかっただけに、手にとってみて一番の驚き。

シリーズ通してみても、余程のことがない限り、不具合の改善はされてこなかったはずなので
いかに10thが気合が入った内容かをうかがい知ることが出来ました。

あとは初期出荷数が極悪に少ない点だけは、記念品の意味合いで何とかして欲しいですね。