So-net無料ブログ作成
紹介玩具のまとめページを作ってみました。
■聖闘士聖衣神話 ■超合金玩具 ■ガンダム ■仮面ライダー ■ウルトラマン ■その他ロボ ■その他フィギュア

聖闘士聖衣神話EX : アリエス ムウ [聖闘士聖衣神話EX / 皇級 / 伝説]

IMG_0184.JPG
聖闘士聖衣神話EXの『アリエス ムウ』です。

無印神話版でも評価が高かったムウが、EX化にあたり更に完成度が高まっています。
可動域が格段に向上し、劇中と同じ必殺技の構えなども決められるあたりは無印神話版では
出来なかったことなので、ムウのキャラクター性を存分に楽しめるアイテムになっていると思います。




IMG_0090.JPG
ムウ素体。この素体も股関節がユルユルだったのでEXスコーピオンミロの記事で行った補強をしてあります。
http://oniityan.blog.so-net.ne.jp/2013-10-15

画像では後髪を結んである髪パーツですが、
パッケージ開封時にはストレートヘアのパーツが装着されています。

IMG_0116.JPG
後ろ髪パーツは3種類付属していました。
今回は首のジョイントが弱く、素体状態だと後ろ髪パーツの形状によっては、その重みで後方に傾くので
あごを引いた姿勢で首を固定するのは難しい感じでした。

また、髪をまとめてある形状のものは、結び目で可動するようになっていました。

IMG_0104.JPG
IMG_0107.JPG
フェイス部。
フェイスパーツは《通常・閉眼・叫び・微笑》の4種類付属していました。
いずれもムウの特徴を良く捉えてある造形です。




聖衣装着!

IMG_0124.JPG
首元から肩に乗っている羊の角パーツに腕部が干渉しないよう可動域を確保しているせいか?
若干、聖衣のスキマから素体のワキが目立つように覗けてしまってます。

また、胸部・腹部の聖衣パーツを細かく分割し、各部の可動域を確保するため細身になったものの、
無印神話版よりもディティールや起伏のメイハリが少なくなっています。
http://oniityan.blog.so-net.ne.jp/2008-02-10

IMG_0127.JPG
マスクを装着した場合だと、後ろ髪パーツがストレートの物しか用意されていなかったです。
やはり肩部の角や髪パーツが干渉するので頭の可動域は狭い感じでした。

IMG_0176.JPG
IMG_0177.JPG
ムウだと、あまりマスクを被った状態で飾ることもなさそうですが、
装着時のフェイス部は画像のような感じに。

IMG_0129.JPG
アリエスクロスの特徴である、肩部分の羊の角は《アニメ版と原作版の2種類》の形状のものが
選択式で再現できるようになっていました。
【画像左:アニメ版 画像右:原作版】
原作版は角のスジの部分で可動し、角度を変えることも出来ました。

2種類とも、背中に角の可動軸が設けられていて、極力、頭部・腕部の可動に干渉しないようになっていました。

IMG_0135.JPG
他のEX同様、ムウも背中にマントを装着を出来る仕様になっていますが、アリエスだと
背中に羊の頭部パーツがあり、そこから角が生えているので、マントパーツの基部に
羊の角パーツを差し替えてマントを装着する方式になっていました。

IMG_0156.JPG
マント装着時でも羊の角の可動は生きているので、マントの非装着時と同じ感覚で本体を動かせました。




IMG_0162.JPG
無印神話版と同様にオプションパーツに《聖衣修復工具》が付属していました。

IMG_0167.JPG
無印神話版のときに比べて、今ではムウを取り囲めるほどのオプションも充実してきたので
修復シーンの再現もできるように。
個人的には戦闘シーンよりもこちらのほうがムウらしいイメージです。

IMG_0169.JPG
EXの広い可動域のおかげで《スターダストレボリューション》
体にひねりのあるポーズも楽々再現できますね。

IMG_0172.JPG
《クリスタルウォール》
EXスコーピオンミロに初回購入特典のエフェクトシートを使用しています。
http://oniityan.blog.so-net.ne.jp/2013-10-15

IMG_0175.JPG
パッケージやメーカーの商品画像では《アテナエクスクラメーション》時の片ヒザ立ちのポーズも
キレイに決まっていたのですが、実際に動かしてみるとなかなか膝立ちが上手くいかず。。。

IMG_0013.JPG
《スターライトエクスティンクション!》
適当なエフェクトパーツを使ってそれっぽく。。。

IMG_254027819.jpg
2105年になって良さげなエフェクトを見つけたので。




アリエスの聖衣オブジェ形態(アニメデザイン版)
IMG_0186.JPG
オブジェ形態は、角パーツとその他パーツの組み換えで
アニメ版と原作版の2種類のデザインを再現できるようになっています。

これはアニメ版のオブジェ。
頭部にあたる箇所にはフロントアーマーのパーツを使ってますね。

IMG_0188.JPG
IMG_0189.JPG
IMG_0191.JPG

IMG_0192.JPG
羊の頭部にあたるパーツを組み替えて原作版に。
【画像左:アニメ版 画像右:原作版】

IMG_0198.JPG
オブジェでは角を可動させる必要性が無いので、非可動のジョイントに交換することも。
非可動ジョイントはメッキなので、些細な箇所ですが統一感はありそう。


アリエスの聖衣オブジェ形態(原作デザイン版)
IMG_0194.JPG
角はスジが入ったもの。羊の頭部はちゃんと羊の顔をしたものに交換します。
アニメ版オブジェでは頭部を司っていたフロントアーマーのパーツは首元に差し込んであります。

IMG_0195.JPG
IMG_0196.JPG

アリエスムウ聖衣分解図.jpg




EXシャカの数珠を持たせて《アテナエクスクラメーション》のポーズを。。。
IMG_0202.JPG

無印神話版でもAPPENDIXの使用でかなり決定版的な造形美を誇っていたムウでしたが、
EXとなって、それらの要素を取り込みつつ、イマイチだった可動性能も昇華してトータルで完成度の
高いアイテムになっていると感じました。
http://oniityan.blog.so-net.ne.jp/2008-02-23-2

これはEX全体にもいえることですが、
可動域の向上のためにディティールの変更を余儀なくされてしまった腹部のデザイン。
アリエスの聖衣の腹筋にも見えるディティールが細く乏しくなってしまい、造形的には見映えが
なくなってしまった印象があります。
聖衣のデザインによっては、EX化するにあたり、融通の利かない部品割りなのかもしれませんが。





共通テーマ:キャラクター